検索

ベトナムで外国人が仕事を見つける方法

ベトナムは東南アジアに位置する国です。公用語はベトナム語です。以下は、ベトナムで外国人として雇用の機会を検索するリソースです。

一般的な求人検索エンジンとクラシファイド

以下のサイトは、0.5〜1.0%の応答率(アプリケーション/ CVを送った相手からの応答)ですが、試してみることをお勧めします。何が起きるか、簡単な電子メールやアプリケーションからどんな接点ができるかわからないからです。

Career Link: 多くの求人がここにあります。日本人の方は日本人専門のベトナム求人サイトが有ります。

・Vietnam Works:ベトナムで大手求人サイトです。

Glassdoor: ホーチミンとハノイの求人を扱っています。

Job Street: 1995年以来の求人サイトで、アジア太平洋地域の主要なサイトの1つです。

Career Jet: 名前は聞いたことがあると思いますが、ベトナム向けの求人があります。

英語を教える

英語を教えるという選択肢があります(もし英語が母国語であれば)。以下のサイトは非常によく似ており、英語の仕事がたくさん出ています。ベトナムでの英語の仕事については、各サイトを参照してください。また、教師がさまざまな国でどのくらいの収入を得られるかを示す国際TEFLアカデミーの表も必ずチェックしてください。

・ESL Employment:英語を教える仕事の選択肢が非常に多いです。

・Total ESL: 外国人が教える仕事の求人が豊富です。

・ESL Cafe: Daveは世界中の最高の求人情報を編集しており、素晴らしい仕事をしています。

・Footprints Recruiting: 教師募集の大きなサイトなので、どんなものがあるかチェックしてみて下さい。

他のウェブサイトおよびブログ

Expat Arrivals: ベトナムの労働文化に関する簡単な記事です。

Travel Budget Asia: ベトナムで教師の仕事をしたい人に良い記事です。

Saigon Work:ホーチミンで働いている人の記事です。

You Can Teach English: ベトナムで英語を教えているシェリーのインタビューが、私はとても好きです。

海外および駐在外国人求人ポータル

Overseas Jobs: このサイトと他のサイトの投稿で重複がよくあります。 それでもこのサイトは長く存在しています。

Go Abroad: 私は常にGoAbroadのファンです。私のウェブサイトのビザ情報では、彼らのグローバルな大使館ディレクトリにリンクしています。 彼らには良い求人ポータルもあります。

Linkedin: 関心のある分野とロケーションで連絡先を構築した、巨大なプロフェッショナルソーシャルネットワークです。

ベトナムで外国人が仕事を見つける最適な場所なので、それぞれチェックしてみて下さい。