作者別: hypervyper

ベトナムの就職転職市場

仕事の見通しと就職転職サイト

ベトナムは21世紀初頭に巨大な経済成長率を記録し、外国人や世界の投資家にとって興味深い選択肢となっています。それでも、地元の会社で連絡なしに仕事を見つけるのはまだ難しいです。

今世紀初頭から、ベトナムは貧困の減少で、一人当たりの国内総生産(GDP)を2倍以上に増やしました。それでも、まだアジア太平洋地域の貧しい国の一つです。さらには、高いインフレ率と食料価格の上昇に対処する必要があるのです。過去10年間で常に3%を下回る低い失業率にもかかわらず、安い労働力と若い労働者が多いため、ベトナムは国際企業への関心を呼び起こしています。

外国人にはあまりアクセスできない農業、林業、漁業は、依然としてベトナム経済の最大のセクターです。ただし、このセクターは減少していますが、産業とサービスが増加しています。1986年にベトナムを自由市場経済に変えたDoi Moi(Renovation)のプログラムは、ここで重要な役割を果たしました。

賃金と生産コストが安いため、最近、欧米および中国の主要企業がベトナムに移転しました。

これらの企業は、母国の経験豊富な労働者を雇用して地元の人々を訓練します。

情報技術、建設、観光は、おそらく外国人が仕事を見つける最も有望な部門と言えます。それは、特にベトナムの熟練労働者が不足しているためです。さらに、製造業、鉱業、衣料産業、電力セクターの分野も検討する価値があります。

別の可能性としては、英語を教えることです。観光地としてのベトナムの人気の高まりと世界市場への開放は、英語教師への需要の触媒となっています。

ベトナムでの就職先

適切なコンタクトも無く、ベトナム語も話せない外国人が、地元企業で仕事を見つけることはほとんど不可能です。しかしグローバル企業での仕事の見通しは非常に良好です。

ベトナムでの就職を考えるなら、少なくとも3か月を計算にいれてください。仕事をしない状態で数ヶ月滞在する余裕をもつために、母国で検索し始めるべきです。

仕事を探して応募することと、仕事を確保することは違うという事を覚えておいてください。確保するためには、殆どの場合は、ベトナムに来ることが重要となります。幸いなことに、ベトナムで外国人としての仕事を見つけるのは、国際企業ならそれほど難しくないです。絶対に必要というわけではありませんが、ベトナム語の基本をいくつか知っておくことは、もちろんプラスになり有利になります。

見通しは非常に良好ですが、ベトナム人労働者が優先されることに留意してください。外国人は、グローバル企業であっても、現地の代替手段がない場合にのみ雇用されます。会社のマネージャー、エグゼクティブディレクター、専門家の少なくとも20%はベトナム人でなければならないのです。さらに、企業は外国人を採用するためには、ベトナム人を訓練することを保証しなければなりません。

グローバル企業で働く可能性が高いため、首都ハノイとホーチミン市(旧サイゴン)で、仕事が見つかりやすいです。希望する仕事に応じて、ビンズオン、ドンナイ、ハイズオン、バリア ブンタウ、または観光地の多い地域に空席がよくあります。

就職転職サイト

特に、ベトナムに来る前に仕事を探し始めるなら(強く推奨されます)、インターネットは求人広告の最良のソースです。それは一般的な方法で、仕事を探すのに役立つサイトがたくさんあります。

ベトナム最大の求人情報サイトであるVietnamworksはベトナム人専用ですが、CareerLinkはベトナム人や日本人のページが分かれており、すべての部門で数多の求人広告があるサイトです。また、RGFなどのグローバルプロバイダーや、カモメ転職アジアなどのアジア専用プロバイダーで、多くの仕事を見つけることができます。Jobstreetは、IT、マーケティング、セールス、エンジニアリングの職種の検索を専門としていますが英語が必須です。

日本人向けベトナム求人情報サイト

VietnamWorks(ベトナムワークス)

URL:https://www.vietnamworks.com/

ベトナムの求人情報サイト ベトナムワークス | ベトナム転職と超絶ハイパーライフ

CareerLink Vietnam(キャリアリンク ベトナム)

URL:https://kyujin.careerlink.asia/vietnam

ベトナムの求人情報サイト キャリアリンクベトナム

RGF Vietnam(アールジーエフ ベトナム)

URL:https://www.rgf-hragent.asia/vietnam

ベトナムの求人情報サイト RGFベトナム | ベトナム転職と超絶ハイパーライフ

Kamome Asia(カモメアジア転職)

URL:https://kamome.asia/

ベトナムの求人情報サイト カモメアジア転職 | ベトナム転職と超絶ハイパーライフ

R Vietnam(アールベトナム)

URL:https://r-vietnam.com/

ベトナムの求人情報サイト Rベトナム | ベトナム転職と超絶ハイパーライフ

Career Market Vietnam(キャリアマーケット ベトナム)

URL:https://kosaido-hr.com/ja/

ベトナムの求人情報サイト キャリアマーケット | ベトナム転職と超絶ハイパーライフ

あなたが既にベトナムにいるなら、地元の新聞をチェックして見つけられる可能性もあります。ただしこの場合は、ベトナム語を適切に理解していなければいけません。海外駐在員フォーラムで検索しても、いくつかの結果が得られるでしょう。

日本語を教える

世界のほぼすべての国でオプションとなる仕事は、日本語を教えることです。ベトナムへの日本人観光客の増加と世界経済への開放により、日本語を話す人材の需要が増えました。大学は優れた接触点ですが、最高の雇用主ではありません。教育の仕事はしばしばパートタイムで、日本の基準と比較すると、給与はあまり高くありません。しかし生活費が安い上に、地元のベトナム人の給料と比較すれば、日本語教師の仕事は快適な生活を可能にします。そして国や文化に慣れる良いスタートにもなります。

ベトナムの日本語教師求人情報ページ(外部リンク)

ベトナムの生活費

ベトナムは急速に成長しており、外国人旅行者や東南アジアに住む退職者、外国人のノマドに最も人気のある国のひとつです。ベトナムは外国人に良質な生活を提供し、多くの点で近隣諸国よりも優れています。食べ物は多様で美味しく、生活費は安く、賃金の良い教育機関の仕事があるのです。ベトナムの2大都市のほかに、素晴らしいビーチタウンや山間部の都市には多くの愛があります。

ベトナムのどこに住むかによって、雰囲気はかなり異なります。ホーチミン市にはノマドや起業家の大群衆が住んでいます。教員は北部のハノイが多いです。そして、戦争経験のある多くのアメリカ人退職者が、ベトナムに戻って暮らしていました。彼らはベトナムの隅々にいました。ビザのポリシーは非退職者にとって難しいものですが、退職ビザがなくても永住は不可能ではありません。

ベトナムは探検しやすく、東南アジアの低予算バックパッカーに人気があります。ベトナム戦争の遺産は顕著です。多くのベトナム人がアメリカに住む家族を持っていますし、彼らは一般的に友好的で外国人を歓迎しています。

あなたが海外に移住し、そこで引退を考えるなら、ベトナムには文化と生活費の面で多くの魅力があります。

なぜベトナム?

ベトナムへの移住を考える外国人は、魅力的な文化、おいしい食べ物、そして質の高いライフスタイルを予算内で探しており、ベトナムではこれら全てのボックスにチェックマークが付けられます。

ベトナムは一般的には暴力犯罪から安全であり、些細な犯罪(窃盗など)のみが問題です。地元の文化や食べ物は、ベトナムへの移住を考える人々にとって2つの大きな魅力なのです。北から南まで、伝統的な料理が豊富に揃っており、いつでも違ったものが食べられます。そして、主に仏教国家として、文化的な休日と宗教的な儀式の美しさに触れることができます。

又、移住したいもう一つの理由は、多様な景観です。ベトナムは素晴らしいです。非常に長い土地の国なので、気候は北部の寒冷な山岳地帯から南部の温暖なメコンデルタまで、気候が大きく異なります。代表的な場所は非常に観光化されています(ハロン湾など)。ベトナム生活が魅力的といえる要因は、好みに応じた気候、文化的ニュアンス、そして生活費です。

最終的にはライフスタイルです。英語教師の仕事を見つけるのは簡単で、多くの外国人は一年間住んでみて、残りの人生をそこで暮らす事を考え始めます。交通手段は万全ではありませんが、週末には山やビーチや森林など、さまざまな名所や地域文化へ旅行できるようにしてくれます。

ベトナムでの生活費:月額700ドルから1,400ドル

ベトナムでの生活にはいくら必要でしょうか?低いレンジで700ドル、中間レンジの旅行客で最大1,400ドル。これは長年にわたる生活費の平均です。勿論たくさんお金をかけることもできますが、多くの外国人は月平均1,000ドル未満です。

ベトナム生活に関する概要

通貨

ベトナムドン:約1:22,400を米ドルに固定(ここではVNDレート)

海外からの居住者:バックパッカー、旅行ブロガー、ノマド、若い起業家は多いです。古くからの外国人家族もいますが、18歳から35歳が多いです。

平均現地給与

ベトナムの労働者の平均月給は約148ドルです。高賃金の仕事に就いている人々の平均月給は約500ドルです。

ビザ

ベトナムで最も一般的なビザは、1エントリー3か月ビザです。ただし、6か月と12か月のビザは、単一のエントリーと複数のエントリーの両方で利用できます。滞在の計画によっては、12か月のマルチエントリービザを取得する価値があるかもしれません。有効なビザを持つ旅行者がベトナムへの入国を拒否された場合があるため、パスポートにビザを添付するように常に依頼してください。詳細については、ベトナム社会主義共和国大使館のウェブサイトをご覧ください。短いビザで訪問する場合は、オンラインビザエージェントを使用する方が簡単です。

ベトナムビザについて、もっと知りたい方は『ベトナムビザの種類とビザの取得方法』(外部リンク)を参照してください。

ペットへの親切度

ペットをベトナムに持ち込むのは難しくありません。すべての事務処理をサポートするサービスを雇うことはできますが、自分でやる方がずっと安いです。

インターネット

高速インターネットは、ホーチミン市などの大都市、特にカフェではごく一般的であり、タイの高速インターネットより高速で信頼性が高くなっています。小さな町でもインターネットにアクセスできますが、2つの大都市とは少し違います。

安全性

比較的安全です。タクシー、慈善団体、およびビザを含む詐欺と同様に、ささいな窃盗が一般的です。大都市では交通量が多く、オートバイ事故はよくあります。そのような事故をカバーする保険をもつことをお勧めします。

考えられる問題

雨季には地域的な洪水が発生する可能性があります。外国人はベトナムで土地を所有できません。遺産の構築は外国人にとってほとんど不可能です。住宅を購入することはできますが、政府から土地をリースする必要があります。

水道水は飲めません。再利用可能な1リットルのサーバーを約10,000 VNDで購入できます。旅行に訪れる場合は、ステリペンまたはライフストローを検討してください。

子どもへの配慮

タイと同様にベトナムは子どもにとても優しい国です。親が食事をしている間、レストランの従業員が子供たちと遊んであげるのは珍しくありません。心配しないでください、彼らは外国からの子供たちに本当に親切です。

生活の質とは?

ベトナムは、東南アジアでノマドや外国人のホットスポットとなるでしょう。その理由には、生活費の低さと美味しくて安い屋台の食べ物があります。ノマドや起業家は、ホーチミン市に拠点を置きたがり、駐在員や退職者はハノイやホーアンなどを好みます。ハノイやホーアンにもノマドや起業家はいますが、コミュニティーは小さいです。

住宅・アパート

東南アジアが外国人の温床である他の理由は、短期および長期のレンタルが見つけやすいことにあります。それはタイからベトナムに至る地域全体に当てはまります。住む場所を探すのは簡単なプロセスといえます。 Craigslistは役立ちますが必須ではありません。近所/地区を物色して歩き回ればいいのです。賃貸の部屋やアパートはたくさんあります。

また大都市には近代化され西洋化されたマンションがあります。他のアジア文化と同様に、ベトナム文化は家族/コミュニティベースです。外国人の中には、手頃な価格の不動産会社を利用する人もいます。欧米とは異なり、不動産会社もレンタルの交渉を行なっており、料金は一般的には安く、賃借人側から発生します。

食文化

そして、食べ物や文化は大きな魅力で、屋台の食べ物は手頃な価格です。現地の仕事の賃金は非常に低く、場合によっては148ドルに固定されているので注意してください。高齢者のための欠点のひとつは、医療インフラの不足です。ホーチミン市には高質な病院があるものの、質高質な医療施設を保証するタイの強力な医療観光産業とは違います。健康上の懸念がある退職者にとって、この事実はベトナムよりもタイを選ぶ結果を生むのです。

ハノイ

外国人に最も人気のあるハノイには、大規模な外国人コミュニティーがあり、その多くはESL教員またはNGOで働いています。タイのチェンマイと同様に、ハノイは西洋文化の影響があるので、国際的な食べ物や、英語に優しいビジネスや医療サービスを簡単に見つけることができるのです。外国人は南部の人々でさえ、ハノイの雰囲気を好みます。しかし冬の天候は非常に退屈にし、最低気温は冷たく湿った50°F(10°C)になります。ハノイはサイゴンのような忙しさを好む外国人には、交通量が少なめです。

ホーチミン

ベトナム最大の都市の1つであるホーチミン市(サイゴン)は、若いノマド、旅行ブロガー、低予算の旅行者に人気があります。街に住む外国人家族もいますし、街のカフェやスピーディーな無線LANを欲するノマドが沢山います。居住に人気のあるエリアは1区と3区です。他のエリアは安くて市内中心部からは遠いので、外国人の大規模なコミュニティを作りたい場合は、2つの人気地区にしたほうが良いです。世界中の大都市と同様、外国人向け食料品店、外国人向けレストラン、ジム、コワーキングスペース、ショッピングモールなど、外国人向けアメニティを多数利用することができます。

食生活

おいしい食べ物は、ベトナムに移住したい十分な理由となります。レストランはありますが、ストリートフードが沢山あります。ストリートフードを食べることが日常となっているホーチミンでは、それを避けることはほぼ不可能です。ストリートフードシーンをナビゲートすることもできるし、知っておくべき情報を網羅したブログもあります。

ベトナムの郷土料理であるフォーは、伝統的に麺、牛肉のスープ、ハーブ、唐辛子で作られていますが、チキン、豆腐、貝などの他のバージョンを楽しむなら、屋台が一番です。ベジタリアンフォーは見つけるのが難しく、豆腐料理であってもスープがベジタリアンだとは思い込まないでください。

ベトナムは適度にベジタリアン向けです。 注文する前にchayと言うことで対応できます。これでベジタリアン料理を紹介するように指示します。しかしベジタリアンの概念はゆるく、魚醤油やペーストは問題ないと仮定しているでしょう。ビーガンの場合、オプションがありますが、見つけるための作業が必要です。ハッピーカウには豊富なレストランのリストがあり、ベジタリアンの伝統的な食べ物への良いガイドとなります。

ベトナム料理は米と米粉をベースにしているため、セリアック病に苦しむ人々が体調をくずさずに楽しめる食べ物をらくに見つけることができます。ベトナムへ行く前に、ベトナム語でセリアック語の翻訳カードをダウンロードしておくと、食事のストレスを軽減することができます。

ベトナムでの生活費はいくら?

価格は、その都市の一人の予算です。ただしケーススタディーには、さまざまなカップル、家族、退職者が含まれています。さらに、家主のほとんどは年間リースのレンタル割引を提供しています。ノマドの中には、可能な範囲で高い費用を報告している人もいます。 一部のノマドは、他の外国人や家族と比べ、トレンディな地域に住んでおり、エキストラを散財しています。地区、アパートの西洋化のレベル、エアコンの消費量も含まれます。

しかし、ベトナムに移住する外国人が増えるにつれ、地元の価格が上昇しています。これらの推定値は、外国人が西洋スタイルのアメニティを必要としていることを想定して理解してください。地元の人ははるかに低い予算で生活しており、外国人が都市に入れば、彼らはしばしば地域外の人々用の価格を設定します。各推定値は一人分ですが、ケーススタディーには家族とカップルも含まれています。

ハノイ

コリンはしばらくハノイに住んで働いており、2017年後半のライフスタイルは厳しい予算での生活から少しアップグレードしており、多くの外国人の傾向を示しています。したがって、ハノイでの最初の2年間の月額費用は800ドル未満でしたが、2018年、彼の月額費用は 1,100ドルとなっています。そのうち600ドルは見栄えの良いフラット(以前の価格からわずか$ 330のコストをかけたアップグレード)になり、約 300ドル 以上を食事に費やしています。

エイミーとアンドリューは英国出身で、ハノイで英語教師をしています。彼らはホアンキエム湖の近くのバディン地区に住んでいます。アパートにはエアコンが完備されており、建物には24時間ランドリールームと警備員がいます。アパートには台所があるので、1日3食は屋台の食べ物を買わずに家で料理しています。食事はベジタリアンです。交通手段にバイクを借りました。ハノイでの彼らの生活は、時々マッサージや映画を楽しみ、とてものんびりしています。月額費用は平均1,130ドルで、そのうち約420ドルが家賃です。

ジミーは、ハノイとホーチミン市の両方に8か月以上住んでいるオーストラリア人です。旅行者で写真家の彼はカフェで働いています。食べる事が好きな彼は自炊せずに、家賃とほぼ同じくらいのお金を食べ物に費やしています。ハノイではホステルに住みましたが、このアイディアは誰にでもお勧めというわけではありません。ホーチミン市の1区で、月に約280ドルで部屋を借りました。月額費用は平均607ドルだということです。

ホーチミン市

ジェームズは30代の独身男性です。旅行していない時のホームベースはサイゴンで、毎年の大半をそこで暮らしています。彼は旅行ブロガーのノマドであり、コーヒーショップでも働いています。月額費用は平均724ドルで、これには1区のスタジオアパートが含まれています。それ以外はほとんど屋台の食べ物とコーヒーに費やしているようです。アルコールは含まれていないので、飲む場合は予算を少し増やしてください。

アンナはサイゴンに数ヶ月住んでいたアメリカ人です。彼女は起業家で、ノマドで非常に活発な人です。月額費用は平均750ドルで、メイドとランドリーサービス付きのスタジオアパート、ヨガ会員が含まれています。アンナは主にコーヒーショップやコワーキングスペースで作業し、毎食も食べます。

デイビッドは30歳の独身男性です。彼は長い間、街に住んでおり、ノマドとスタートアップの起業家でした。月額費用は平均1200ドルで、これには1区の洋風アパート、週3回のメイド、その他のオプション費用が含まれています。又、彼のアパートで彼用のスタンドアップデスクのカスタマイズ費も含まれています。彼はコーヒーショップで働き、お酒にあまりお金は使いません。サイゴンでの彼の生活は贅沢ではありません。

ベトナムの労働許可を取得する方法

外国人が応募できる職種と、資格を得るために満たすべき特定の条件があります。

ベトナム経済の自由化は、ビジネスを拡大しようとする人々にとって有利な条件を作り出しました。フローオン効果が、ベトナムの外国人就労者の増加をもたらします。

ベトナム政府は、特に外国人就労者を中心に、この経済発展と社会保障をより効果的に管理するための法的枠組みを改善しました。政令番号 11/2016 / ND-CPおよびガイダンス回覧番号

40/2016 / TT-LDTBXHが発行され、労働許可申請の要件が更新されました。

ベトナムで労働許可を申請する際に知っておくべきこと

外国人が労働許可を申請できるカテゴリーはいくつかあり、以下が含まれます。

・専門家

・マネージャーとエグゼクティブディレクター

・インターン

・短期契約の専門家

専門家は、関連する外国当局または組織によって専門家として認定されている必要があります。又、大学と同等以上の学位を持っている、訓練を受けた専門分野で少なくとも3年の実務経験がある、提案されたベトナムでの職務と両立する実務経験を持っている必要があります。

企業法によると、マネージャーとは、非公開会社の所有者、ゼネラルパートナー、議長または委員会のメンバー、会社の社長、議長または取締役会のメンバー、ディレクター/ゼネラルディレクター、または別の管理職を持つことができるポジションで、これは会社の憲章に従って取引に入る権利があります。

マネージャーは、代理店または組織の長または副長になることもできます。

エグゼクティブディレクターとは、あらゆる組織または企業の子会社の責任者であり、その子会社の直属の経営者です。

留学生は、ベトナムの機関、組織、または企業とインターンシップ契約を締結する必要があります。

マネージャー、エグゼクティブディレクター、専門家、または技術者として働くために30日以内でベトナムに入国する外国人を対象としたカテゴリがあります。ただし、ベトナムでの1年間の累積勤務期間は90日を超えてはなりません。

ベトナムで労働許可を申請するための要件

労働許可を申請する外国人は、刑事記録を持っていないか、ベトナムおよび外国の法律に基づいて刑事訴追の対象になってはいけません。

パスポートのコピーは、申請者の母国の当局によって認証される必要があります。外国人の使用の必要性に関する事前承認書は申請書類に記載されていませんが、ベトナムの雇用主は規制を遵守するために、これらの必要性を報告しなければいけません。

特別な状況は、以前に労働許可を与えられた個人に適用されます。入国管理部門の既存の記録を使用して、2番目または3番目の申請をサポートできることを考えると、事務処理を大幅に簡素化できます。

アプリケーションプロセス

ベトナムで労働許可を申請するには、以下を行う必要があります。

1.雇用主から、あなたの国内での地位を確認する手紙を入手してください。

2.3枚のパスポート写真を準備してください。

3.健康診断に行き、母国またはベトナムの病院から証明書を取得してください。

4.自国から犯罪歴チェックを取得してください。

5.ベトナム労働省に提出するために必要な書類と申請書をすべて準備してください。

何がうまくいかないのか?

ベトナム政府は、労働許可なし、または期限切れの状態でベトナムで働いている外国人を国外追放します。

雇用主については、許可された機関への外国人の雇用に失敗した場合、または報告が不十分な場合、500万ドンから1,000万ドンの範囲の罰金が適用されます。

雇用主が労働許可なし、期限切れの者、または労働許可免除の管轄当局による確認なしで外国人を雇用する場合、雇用主は以下のペナルティ範囲の対象となります。

・最大10人の外国人労働者に対して3,000万ドンから4,500万ドン

・11〜20人の外国人労働者に対して4,500万〜6,000万ドン

・21人以上の労働者に対して6,000万ドンから7,500万ドン。

違反が重大なものである場合、雇用主は最長3か月間操業を停止される可能性もあります。

ベトナムのビザを取得する

2017年までは、旅行者にとってベトナムのビザを取得することは少し不便でした。第三者のサービスを介して申請し、ビザ承認書の支払いをした後、書類をベトナムで1回交換(および再度支払い)して、到着ビザのスタンプを取得していたのです。

現在、81か国(米国、カナダ、欧州連合を含む)の市民がオンラインでeビザを申請できます。通常、旅行ビザを申請するときは、ベトナムに到着する前に行わなければなりません。証明がなければ、到着時にベトナムに入国できても、航空会社がおそらく飛行機に乗ることを許可しないでしょう。

注:異なる国籍のビザのプロセスとルールは頻繁に変更されます。オンラインで表示される情報は、古くなっている可能性があります。不明な場合は、ベトナム大使館に直接確認してください。

ベトナムのビザを取得する方法

ベトナムのビザを取得するには、公式に3つの選択肢があります:

01 オンラインでeビザを申請して支払います(これが最も簡単なオプションです)。

02 ビザを直接またはベトナム国外のベトナム領事館でオンラインで申請する。これはeビザとは異なります。

03 代理店を通して、空港到着時にビザと交換される「ビザ承認書」を確保します。

どの方法にかかわらず、パスポートには、ベトナムのビザを受け取るために、少なくとも6か月分の有効期間が残っているべきです。

13か国(日本、イギリス、フランス、ドイツ、スカンジナビア諸国を含む)の市民は、15日間のビザ免除があります。ベトナム訪問が短い場合は、ビザを一切必要としないかもしれません!この免除リストは変更される可能性があるので、事前に確認してください。

すべての旅行者はビザなしで30日間、ベトナム最大の島であるフーコックを訪れることができます。

ベトナムeビザシステム

ベトナムは2017年2月1日にeビザシステムを導入しました。最初は少しバグがありましたが、新しいシステムはベトナムのビザ取得プロセスを大幅に簡素化しました。

最近のスキャン/デジタル写真とパスポートが必要です。写真はニュートラルな背景での自分のデジタル写真(4 x 6 cm)(帽子や眼鏡なしで)です。画像をアップロードした後、オンラインで25米ドルの手数料を支払います。3日後、すべてがうまくいけば、eビザが添付されたメールが届きます。これを印刷して、ベトナムに持ってきてください!

警告: 多くのニセのeビザウェブサイトが現れました。これらの詐欺サイトは公式であると主張していますが、実際には個人情報盗難に関係しています。政府の公式eビザウェブサイトで申請していることを、確認してください(ドメインはgov.vnで終わります)。検索エンジンの結果や上部の広告を信用しないでください。

詳しいeビザの取得方法はベトナム電子ビザ(E-visa)の取得方法(外部リンク)を参照してください。

到着時のベトナムビザ

eビザシステムが導入される前の、旅行者がベトナムのビザを取得する最も一般的な方法は、最初に第三者の処理機関を通じてオンラインでビザ承認書を申請することでした。eビザの申請に問題がある場合、これはまだオプションにあります。

ビザ承認書とeビザを混同しないでください。これらの公式書簡は、ベトナム政府ではなく民間企業によって発行されたものであり、入国を保証するものではありません。

到着時のビザは、主要な国際空港のいずれかに到着する場合のみ有効です。サイゴン(HCMC)、ハノイ、ニャチャン、ダナンです。隣国からベトナムに陸路で渡る場合、オンラインまたは大使館からビザを前もって手配している必要があります。

ベトナム向けの事前に手配されたビザを取得するためのプロセスは以下の通りです:

ステップ1:承認書をオンラインで申請する

旅行代理店は、オンライン申請の処理に約20米ドル(クレジットカードで支払い可能)を請求します。通常、処理時間は2〜3営業日かかります。または、さらに費用を支払ってラッシュサービスを受けることもできます。

標準の30日間のビザよりも長い滞在を申請するには、処理に時間がかかります(7〜10営業日)。まれに、パスポートのスキャンなど、詳細情報が政府から求められる場合があります。

旅行代理店が客とのすべての通信を処理しますが、より多くの情報を要求されれば確実に承認処理が遅れるので、注意が必要です。フライト日までに充分な余裕を持ってビザの手続きを始めてください。

ビザ機関を賢く選んでください。 一部のサイトは保護されておらず、ミスサービスがある危険性があります。 www.myvietnamvisa.comは、最も長く利用され、最も信頼性の高いオンラインの1つです。

ステップ2:承認書を印刷する

承認されると、旅行代理店はスキャンされた承認書の画像ファイルをメールで送信します。安全のために、数枚印刷しておいてください。

承認書に他の旅行者の名前がたくさんあっても驚かないでください— あなたの名前がその日の承認リストに含まれるのが普通です!

ステップ3:フライトを予約する

ベトナムへのフライトをまだ予約していない場合は、ビザの承認書を受け取ってから予約してください。 フライトはビザの証明なしで予約できますが、搭乗する前にビザの証明または印刷された承認書を提示する必要があります。

ステップ4:ベトナムに到着

到着したら、到着ビザのウィンドウにアクセスして、ビザ申請フォームをリクエストする必要があります。ウェイティングエリアでのビザ書類作成の処理を迅速化するために、パスポート、ビザ承認書、およびパスポート写真を要求される場合があります。渡す前に、パスポート番号、発行日、有効期限などの重要な情報を書き留めてください。

公式には2枚のパスポート写真が必要ですが、オフィスは1枚しか要求しないかもしれません。これらは、4 x 6センチメートルの公式サイズに大まかに準拠してください。要件を満たす写真がない場合、一部の空港にはキオスクがあり、小額の料金で写真を撮ることもできます。

多少の混乱を招くアプリケーションフォームに記入して、ウィンドウで提示します。名前を呼ばれると、1ページのベトナムビザステッカーが入ったパスポートがきます。列にもよりますが、プロセス全体には約20分かかります。

ステップ5:ビザ手数料を支払う

書類を提出する際には、到着時のビザに支払う必要があります。到着時に30日間の単一入国ビザの場合、料金は通常25米ドルです。正確な金額を米ドルで支払うことが望ましく、そうしないと、現地通貨の変更が発行される場合があります(為替レートが悪い場合があります)。これは、承認書のために代理店に支払われる料金とは別です。

窓口で支払った後、ビザがパスポートに追加され、ベトナムへの入国が許可されます。

ベトナム大使館からビザを取得する

隣国からベトナムに入国する場合は、すでにベトナム大使館に行き、パスポートで観光ビザを手配している必要があります。このプロセスには最大1週間かかることがあるため、待たずに早めに手配の作業を行なってください。

大使館はベトナムの祝日と現地の祝日にオフィスを閉鎖します。その間、パスポートを取り戻すことはできません!

残念ながら、どの大使館が申請を処理するかによって、処理時間、手続き、およびビザ料金は異なるのです。アメリカ人はワシントンDCまたはサンフランシスコのいずれかで申請するオプションがあります。東南アジア周辺の国々でベトナムビザを申請することもできますが、それらはすべて独自の手続きと制限があります。

官僚機構を介して作業するよりも、お金を支払ってプロセスを処理する第三者のエージェントに頼みたい場合は、そこに連絡しパスポートを郵送して、ベトナムのビザをオンラインで手配することもできます。

ホーチミン市で外国人(日本人以外)が仕事を見つける

ホーチミン市で外国人が仕事を見つけるのと、母国で仕事を見つけるのとでは、まったく異なります。あなたが外国人として初めてベトナムで仕事を探す、又は、本格的な専門職を探す経験豊富な外国人でも、おそらく以下の概要が役立つでしょう。

英語を教える

ベトナムの外国人が選ぶ最も一般的な職種は、英語教師です。ESLとも呼ばれます。ベトナムは他のアジア諸国と比較するととても近代的であり、世界のエコシステムにどう適合するかが、世界的に考えられているのです。西洋の理想はしばしば台座に置かれ(時には賢明ではありません)、国には「先進国」から輸出された概念を受け入れたがる若い世代がいます。このため、英語教師、特にネイティブスピーカーは高い需要があります。

ただし、英語を母国語としない人でも、外国人であれば、ESLの仕事を得るのにさほど苦労はありません。言い換えれば、外国人であることで仕事を得るのに時間がかかってしまうと、おそらく残念なことに、一部の外国人はその事実を利用して、ふさわしくない仕事に就いてしまいます。もちろんサイゴンには、仕事を愛し、生徒を愛し、生活費を稼ぐのに誠実に働く英語教師がたくさんいます。しかしその「異質性」に基づいて、横道にそれる偶発者もいるのです。

ESLの教職のもう1つの問題は、昇給が制限されていることです。前述のように、賃金は悪くありませんが、通常は英語センターでプロモーションはありません。ただし、ESLの教職には大きな利点が1つあります。それは旅行が許可されるということです。英語スキルは世界中でほぼ必要とされているため、教えるのが上手(または単に自分で少しだけ話せる)であれば、どこへ行っても働くことができます。

教職以外の英語の仕事

外国人に可能な2番目の職種は、教職でない英語の仕事です。たとえば、大学で執筆を楽しんでいた西洋人は、例えば英語圏での執筆スキルが低くても、サイゴンで企業ブロガーやコピーライターの仕事を見つけるのに苦労しません。

こういった実用的な英語の仕事は、時々地元企業でも見つかるものの、非常に稀なうえに賃金はかなり低めです。より確実なのは、ホーチミン市に支店を持つ国際企業が提供している仕事で、より多く賃金を支払ってくれる上に、外国人にとってはより快適な職場環境となります。

「外国の感性」の仕事

3番目の職種は、「外国の感性」として特に英語スキルを求めない職種です。たとえば、デザインスタジオは、社員が理解するのにすべてをベトナム語に翻訳しなければならなくても、外国人を雇いたがる所があります。これは、それが厳密に正確であるかどうかにかかわらず、西洋人は美に対してより良い目を持っているという認識があるからです。

別の例は、品質管理の仕事です。欧米の企業やベトナムの高級市場に対応するベトナムの工場は、多くの場合、欧米の品質管理マネージャーによって製品が出荷される前にすべて確認され、充分な品質レベルを保つことを望んでいます。設計や品質管理などの職種に対するベトナム人の好みは、欧米の企業がこれらの領域に与えるより大きな価値に起因しています。

欧米の製品はよくデザインされ、技術的に完璧であると、ベトナム全土では知られていますが、ベトナム製品については同じことが言えません。そういった事を職場の期待や規制ではなく、担当者の国籍に帰するというのは視野が狭いのかもしれませんが、これらの雇用の背後にある理論的な根拠です。

実行力のいる地元の仕事

4番目の職種であり、又、4つのオプションの中で最も稀なものは「ベトナムの伝統的な仕事」です。この職種は、資格があれば外国人もベトナム人と同様に可能ですが、多少の差別はあるかもしれません。ほぼすべての伝統的な仕事では、ベトナム語を流暢に話し、はるかに低い賃金で働く地元の人々が殆どであることを理解してください。高額の賃金が支払われるのは最高レベルの職位のみで、必要に応じて翻訳者を雇うことも可能です。

この最後の仕事は確かにあります— 仕事サイトで簡単に見つけられます— しかし通常は、長年の経験(多くの場合8以上)と実証済みの実績、そして関連する教育資格が必要であり、要するに、それが優先されます。

幸いなことに、ホーチミン市に外国人が住んでいることで、多くのキャリアに柔軟性を産んでいます。都市の雇用市場に飛び込み、最初の仕事を出発点として受け入れることに躊躇しないでください。遅かれ早かれ自分の道を見つけられる可能性は高くなります。

ベトナムに住む前に知っておきたい10のこと

ベトナムは、バックパッカーや場所に依存しない旅行者にとって、東南アジアのトレンドな国です。ある旅行者は、3か月かけてベトナムの広さを探索しています。又ある旅行者は、ホーチミン市、ハノイ、ダナンなどで英語を教えています。ベトナムでの生活と旅行に既に5年間を費やしている私は、その後の生活に違いを実感しました。

ベトナムに住む前に知っておきたいこと、外国人として長くベトナムに関わっている私の知恵をシェアします。

ベトナムに住む前に知っておくべきこと

1.友達を作るのは簡単

ベトナム人は、老いも若きも、常に外国人を歓迎したいという気持ちがあります。地元の路上レストランに座れば、誰かがあなたと話し始めます。国民の半分は英語を学んでおり、ベトナム人は練習に熱心です。

ゲストハウスに泊まると、オーナーがあなたの面倒をよく見てくれます。友達を作ると、何も多すぎないことが直接わかります。ベトナム人のおもてなしは誰にも負けないのです。

2.パーカー(Hoodies)の意味は異なる

30代の体温は絶えずホバリングしますが、ベトナム人はジーンズ、パーカー、時には冬のジャケットを着ています。バイクを運転するほとんどの人が、手術用フェイスマスクをしています。 最初の数日間は、これはやや気が重く感じるかもしれません。日本では、自分の顔を隠している人を、潜在的に犯罪者と見なすことがよくあるからです。

ベトナムは違うのです。衣服は、太陽からの極端な紫外線から保護します。人々は汚染の空気を心配してマスクを着用します。ベトナムに滞在して数ヶ月経った殆どの西洋人は、フェイスマスクを着用しはじめます。長期駐在員の中には、40°C / 100°Fに近づくと、パーカーやジャンパーを保護のために着用する人もいます。

3.ベトナムは手頃な価格の生活と旅行の地

ベトナム旅行は、予算に見合ったものです。ベトナム旅行を計画しているバックパッカーは、食事、宿泊、アクティビティの1日の費用を、30ドルか40ドル未満にすることも可能です。

長く滞在するなら、この生活費をさらに削減できることがわかります。

地元のビールを1ボトル1ドルで購入できます。 クラフトビールのグラス価格は高くなるものの、然程ではありません。家族経営のレストランでのおいしい食事は、通常、ドリンクを入れて5ドル未満です。

大都市から遠くなるほど、生活費は安くなります。

場所に依存しない旅行者は、お金に見合った場所があるベトナムが大好きです。

4.ベトナムは騒がしい場所

ベトナムは急速に発展しています。古い建物は取り壊され、毎日建てかえられています。1つの新しい家が完成し、隣人が改修を開始します。地区は、1年の間に小さな家から4階建ての建物に変わります。

マンションは、何百ものクレーンが点在してキノコのようです。数百万台のバイクが通りを走り抜け、とくにホーチミンとハノイの旧市街では騒がしいです。おそらくあなたの故郷よりも、はるかに多くの騒音に直面するでしょう。対処法として耳栓を持参する事をおすすめします。

5.外国人コミュニティが盛ん

ベトナムでは10日以下の旅行者がたくさんいるのですが、外国人もたくさんいます。

英語教師、場所に依存しない旅行者、長期バックパッカーがベトナムを故郷と呼んでいます。世界中の外国人や地元の人と友達になることができるのです。

長期滞在者の多くは、ベトナム中部のダナンやホイアンに向かいます。若い旅行者はしばしば大都市にこだわりますが、他の外国人や旅行者に会うためのオンライングループを多数見つけることができるのです。他には、クラフトビールを飲んで、英国人、オーストラリア人、アメリカ人で賑わうバーもあります。

6.プライバシーの概念を忘れてしまう

一人で時間を過ごしたい人には、ベトナムは適していません。地元の人はいつも外国人に近づいてくるので、時々、その好奇心や英語の練習につきあうのが嫌になる時があるかもしれません。食事をしていると地元の人が来て話しかけます。又、ビールを飲んでいると、すぐにグループに招待されます。

7.ベトナム人は寛容なグループ

数十年前、ベトナムは米国との血なまぐさい戦争にありました。しかし今は、彼らは外国人を歓迎する、両手を広げた国民といえます。米国とオーストラリアからの長期滞在者に聞くと、彼らは不安を明らかにします。しかし、ベトナム人の温かさとおもてなしによって、ベトナム人が生き抜いた戦争の恐怖は覆い隠されます。

年配のベトナム人は苦味ではなく、彼らの物語を共有し、紛争後に生まれた若い世代は西洋文化を受け入れます。

戦争についてもっと知りたい場合は、ホーチミン市の近くのクチトンネルに向かいます。または、ベトナム中部を通るホーチミントレイルを進んでみてください。主要都市の紛争に関する博物館や遺物があります。

8.列の割り込みに我慢して

一部の国々、特に日本では、列の割り込みは考えられません。ですがベトナムは違います。誰もが最初に取得したい、又、最初に行きたいために争いますが、ベトナムではこれは普通なのです。ベトナムへ飛ぶ前に、常に心を開き忍耐を心してください。そうしなければ、イライラして自分の髪を引き抜いてしまうかもしれません。あなたは彼らの国にいるのです。忍耐強くなることを学んでください。

9.おいしい食べ物が期待できる

ベトナム料理は、世界中のほとんどの主要都市で食べる事ができますね。池袋でPhoを食べたり、大阪でGoi Cuon(ベトナム風春巻き)を食べる事もできます。

ベトナムの空港に到着すると、すぐに食べ物の選択肢に驚くでしょう。家族経営のレストランでは、両親や祖父母から受け継がれたレシピで料理を提供しています。

露天商人は、バンミー(ベトナム風バゲット)からアイスコーヒー、トロピカルフルーツまで、すべてを販売する重いカートを押しています。

より高級なレストランには、あらゆる種類の豪華な料理があります。植物ベースが好みの場合は、素晴らしいビーガンレストランをチェックしてみてください !

10.ベトナムに着いたら常に心を開いて

ベトナム生活について共有できる最大の知恵は、心を開くことです。帰国後、あなたはこれを誇りに思うかもしれません。しかし、ベトナムはあなたをテストします。物事が常にうまくいくとは限らず、挑戦と挫折に直面することは、ほぼ保証されます。軽い交通事故からビザの問題、午前6時まで続く3日間の葬儀パーティーなどなど。

また、神風のミッションのように運転する人々を見たり、二輪の家かのようにバイクを高く詰めたりする人もいます。心を開いて、経験と混乱を受け入れてください。そうすれば、あなたはベトナムに恋をするかもしれません。

ベトナムに引っ越す?

ベトナムに移住したいなら、地元の人々と友達になったり、サパの棚田やハロン湾の石灰岩の崖のような美しい自然を眺めたり、おいしい料理を味わったりするなど、信じられないほどの高みに直面するでしょう。また、誰かが書類を処理するのを「忘れた」ためにビザの為に2日間を費やす必要があるなど、耐え難い葛藤もあります。大事なのは、心を開いて、旅行をそのまま経験として受け入れることです。

ベトナム在住の外国人向けガイド

ベトナムに移住し、大きな変化を遂げたい人にとって、ベトナムで失望することは無いです。生活費は安く、文化は活気があり、外国人は急速に成長している分野で働いたり教えたりすることで、希望のライフスタイルを簡単に実現する事ができます。しかし表面的な印象ほどは単純ではなく、事前に考がるべきことがあります。

事前の書類整理

ベトナムで働く計画がある場合は、必要なすべての書類の公証コピーを持参してください。法的には、労働許可証なしではベトナムで働くことができません。しばらく持たないまま働いても、当局はランダムなチェックを行い、外国人とその雇用主を逮捕します。罰金は高額です。良いオプションの1つは、3か月の観光ビザで入国し、その時間を使って仕事を見つけることです。ビザの有効期限が切れる前に、おそらくは一旦国を離れて戻ってくる必要がありますが、カンボジアまでバスで行くことができ、1日しかかかりません。

あなたが希望するライフスタイルに合った場所を選んでください。山村や広大な都市、又はビーチのある町など、新生活を始めるに好ましい、素晴らしい場所が沢山あります。どこに住むかは、あなたの仕事や個性によりますが、ここで最も人気のある場所を見ていきましょう。

ホーチミン市

ベトナムに住む外国人の半数以上は、この臭くて熱いメガシティを故郷と呼びます。人混みと交通渋滞が気になる人や緑地が恋しい人は、他の場所を選んでください。しかし多くの外国人がホーチミン市に住む理由が、この都市の賑やかさにあるようです。至るところに冒険と興奮があるからです。

予算に合った宿泊施設が豊富で、何度も行きたくなる素晴らしいレストランがたくさんあります。外国人コミュニティは広く多様で、新しい友人を簡単に見つけることができます。多くの外国人が教師として働いていますが、この街は技術、製造、観光の中心地なので、さまざまな分野で仕事を見つけることが可能なのです。しかし専門家は仕事を見つけるのに苦労するかもしれません。なぜなら地元の人々は同じ仕事を、はるかに少ない賃金でするからです。

ハノイ

ハノイはホーチミン市ほど国際色豊かではありませんが、その文化と独特の雰囲気が外国人に好まれています。又、年の大部分が涼しい気候というのもあります。ハノイはベトナム政府と官僚の本拠地なので、多くの外国企業があるホーチミン市ほど、多くの部門の仕事はありません。教職は人気があり、最終的に自分のビジネスを開く外国人も多いです。しかし、ベトナム人の配偶者や信頼できる地元の友人がいなければ、ビジネスを始めるのはほぼ不可能に近いので、まずはこの国で時間を過ごす必要があります。

ダナン

ビーチの近くに住みながら都市の雰囲気を味わいたいなら、ダナンがぴったりです。この都市は活況を呈しており、すでに定住している多くの外国人が、ハノイやホーチミン市よりもここを好んでいます。素晴らしいビーチだけでなく、近くには山岳ジャングルがあり、ユニークな冒険ができるところです。外国収入のあるノマドにとっては絶好の場所ですが、定期的なビザの更新を忘れないでください。

ニャチャン

ニャチャンはロシア人に人気のある休日スポットです。ここでの仕事は殆どが観光に関連しています。素敵なビーチがあり、リラックスした美しい観光都市です。定期的なビザの更新を気にしたくないノマドにとっても好まれる場所です。

ブンタウ

ビーチは国内の他の場所ほど有名ではありませんが、のんびりした雰囲気でホーチミン市に近いので、外国人に人気が高まっています。エアコン付きのバスでわずか2時間です。ですから毎日人に会う必要のない仕事をしているなら、この静かなビーチタウンに住んで、必要なときにいつでもホーチミン市に行くことができます。ブンタウは最近、外国人やノマド向けのいくつかの雑誌で取り上げられています。

どれくらいのお金が必要?

ベトナムへはわずかなお金で行けますが、行く前にはある程度の貯金をしておくべきです。ベトナムの雇用主があなたの費用を負担する意思がないなら、その分が必要です。そして殆どのアパートはデポジットと最初の月の家賃を前払いする必要があるし、労働許可証とビジネスビザの取得に数百ドルかかります。

したがって最初の給料が入るまでは、貯金を使わなければなりません。妥当な月額予算を把握し、少なくとも6か月分は十分に持参できるよう準備したほうがよいでしょう。

散策してみては?

ベトナムではバイクは安くて豊富です。万が一の事故に備えて、ベトナムに来る前に国際運転免許証を取得してください。そうすれば、簡単にベトナムの運転免許証に変換できます。保険がなければ事故に巻き込まれた場合、全費用を自己負担することになります。安全のためにも、最初はUberやGrabを利用したほうが良いでしょう。最初の頃はベトナムの交通状況に間違いなく圧倒されますから。

地元の文化

ベトナム人は外国人を驚くほど歓迎しています。彼らは外国人を迎え入れることは双方にとって有益であると認識しているのです。なぜなら、外国人はベトナムが経済大国へと発展するのをサポートするからです。習慣やエチケットについては、ベトナム人はとても寛容で、行くたびに学べるので心配いりません。あなたが必要な書類、貯金、そしてお金を稼ぐ方法のおおまかな準備をしてベトナムに行くなら、あとは自動的に整理されます。

ベトナムで外国人が仕事を見つける方法

ベトナムは東南アジアに位置する国です。公用語はベトナム語です。以下は、ベトナムで外国人として雇用の機会を検索するリソースです。

一般的な求人検索エンジンとクラシファイド

以下のサイトは、0.5〜1.0%の応答率(アプリケーション/ CVを送った相手からの応答)ですが、試してみることをお勧めします。何が起きるか、簡単な電子メールやアプリケーションからどんな接点ができるかわからないからです。

Career Link: 多くの求人がここにあります。日本人の方は日本人専門のベトナム求人サイトが有ります。

・Vietnam Works:ベトナムで大手求人サイトです。

Glassdoor: ホーチミンとハノイの求人を扱っています。

Job Street: 1995年以来の求人サイトで、アジア太平洋地域の主要なサイトの1つです。

Career Jet: 名前は聞いたことがあると思いますが、ベトナム向けの求人があります。

英語を教える

英語を教えるという選択肢があります(もし英語が母国語であれば)。以下のサイトは非常によく似ており、英語の仕事がたくさん出ています。ベトナムでの英語の仕事については、各サイトを参照してください。また、教師がさまざまな国でどのくらいの収入を得られるかを示す国際TEFLアカデミーの表も必ずチェックしてください。

・ESL Employment:英語を教える仕事の選択肢が非常に多いです。

・Total ESL: 外国人が教える仕事の求人が豊富です。

・ESL Cafe: Daveは世界中の最高の求人情報を編集しており、素晴らしい仕事をしています。

・Footprints Recruiting: 教師募集の大きなサイトなので、どんなものがあるかチェックしてみて下さい。

他のウェブサイトおよびブログ

Expat Arrivals: ベトナムの労働文化に関する簡単な記事です。

Travel Budget Asia: ベトナムで教師の仕事をしたい人に良い記事です。

Saigon Work:ホーチミンで働いている人の記事です。

You Can Teach English: ベトナムで英語を教えているシェリーのインタビューが、私はとても好きです。

海外および駐在外国人求人ポータル

Overseas Jobs: このサイトと他のサイトの投稿で重複がよくあります。 それでもこのサイトは長く存在しています。

Go Abroad: 私は常にGoAbroadのファンです。私のウェブサイトのビザ情報では、彼らのグローバルな大使館ディレクトリにリンクしています。 彼らには良い求人ポータルもあります。

Linkedin: 関心のある分野とロケーションで連絡先を構築した、巨大なプロフェッショナルソーシャルネットワークです。

ベトナムで外国人が仕事を見つける最適な場所なので、それぞれチェックしてみて下さい。

ベトナムの屋台の食べ物13種

好きなものを食べて休暇を過ごす

東南アジアの多くの国ではストリートフードが名物となっており、ベトナムもその一つです。地元の通りにある屋台には素朴な食べ物が並び、プラスチック製のテーブルとスツール椅子を備えたガタガタの食べ物カートがあります。

ベトナムの屋台のシンプルな食べ物は、あなたの味覚を招き入れ、心に忍び込んできます。

オススメのお店と共に紹介していきます。

1.ライスヌードルスープ(Phở)

ベトナムの屋台料理で最も代表的な選択肢は、ベトナムのヌードルスープでなければなりません。定番は、牛肉や鶏肉の柔らかいスライスを添えたパイナップルのホットブロスに、歯ごたえのあるライスヌードルが入り、カリカリでスパイシーなハービーガーニッシュをトッピングしています。

ベトナムで一日を始めるのには、心温まるライスヌードルスープに勝るものはありません。有名な通り、または隠れた裏通りを探索して、バイクフードツアーで最適な場所を見つけ、食べて写真を楽しんでください。

2.ベトナムのサンドイッチ(Bánh mì)

phởと同様に人気のあるストリートフードはbánh mìです。これは、ベトナムスタイルのフランス風バゲットサンドイッチで、世界的に名を連ねています。

硬めのバゲットには、野菜のピクルス、コリアンダー、新鮮な唐辛子、肉の切り身(通常は豚肉)が詰められ、パテのコートが塗られています。他のトッピングには、卵、鶏肉、ミートボールなどもあります。ああ、bánh mìがベトナムの街中どこででも簡単に買えることは、どれほど感謝なことか!

3.ライスペーパーサラダ(Bánh tráng trộn)

サラダが欲しい時は、あなたは健康の実か、ベトナムのライスペーパーサラダが恋しくなるでしょう。このレシピを説明する最も良い方法は、試しに一口食べてみることです!

ライスペーパー、色々な乾燥タンパク質(ビーフジャーキー、イカ、エビ)、タルトグリーンマンゴー、フレッシュミント、スイートバジル、最後にスパイシーで甘酸っぱいドレッシングが用意されています。

4.貝(Ốc)

ホーチミン市の屋台で見つけられる人気のスナックは、貝です!時には、生きた貝と貝殻を飾った貝レストランに出くわすことさえあります。

揚げ物から蒸し物、ソテー、グリルなど、さまざまなスタイルを選べます。小さな歯ごたえのある美味しい貝は、数人の仲間と冷たいビールを飲みながらつまむのに最適です!

5.甘いデザートのチェ(Chè)

Chèは、ベトナムの甘いデザート飲料を表す言葉で、さまざまな形、サイズ、フレーバー、色があります!普通はプリン、飲み物、スープの形で見つけることができます。

チェの正体は、ココナッツミルク、甘くした豆、もち米、カラフルなゼリー、果物などが一般的に使われていますが、これらに限りません。地元の市場で簡単に見つけられるChèは、暑い午後に涼むのに打って付けです。

6.ホイアンヌードルズ(Cao lầu)

Cao lầuは、ホイアン限定の麺料理で、かなり神秘的な裏話があるのです。このホイアンの代表的な料理は、うどんのような麺、バーベキューポーク(チャーシューと似ています)、新鮮でサクサクしたグリーン、カリカリのクルトンでできています。

ホイアンにのみCao lầuがある理由は、そのユニークな麺が古代の井戸、バレ井戸の水を使用して作られ、ホイアン原産の特別な灰と混ぜなければならないからです。正確なレシピの裏に隠された秘密は、この地域のごく少数の家族しか知らないと言われています。

cao lầu以外にも、ホイアンでしか見つけられない代表的な料理が他にもあります。 バイクフードツアーで街を走ったり、ストリートフードウォーキングツアーに参加して、この地域で他にどんなものがあるかを発見してください。

7.春巻き(Gỏi cuốn/Chả giò)

古典的なベトナム人たちのお気に入り、春巻き!ライスペーパーに包まれた肉、野菜、エビなど、さまざまな詰め物が、揚げてあるか、または新鮮な生の状態で提供されています。ディップソースで食べるのがベストです。誰にでも適した料理と言えます。味にうるさい人、我々はあなたを見ていますよ!

新鮮なものはgỏi cuốnと呼ばれ、「サマーロール」とも呼ばれますが、揚げたものはchả giòと呼ばれます。

8.ベトナムのピザ(Bánh tráng nướng)

ホーチミン市で人気のスナック、ベトナムのピザは、バーベキューで焼いたライスペーパーの上に、豚挽肉、エビ、卵、他のさまざまなトッピングが乗っています。新鮮なハーブを添えて、マヨネーズ、タマリンド、またはチリソースをかけます。きっとあなたは真夜にもこのピザを思い出して食べたくなるでしょう。

サイゴンストリートフードナイトツアーに参加すると、お腹が空くことはありません。街の路地や裏道に連れだって、他にも地元の名物料理を見つけましょう。

9.スパイシーグリーンパパイヤサラダ(Gỏi khô bò/Gỏi đu đủ)

タイのソムタムと同様に、gỏi khô bòのベースは青いパパイヤを使っています。ローストピーナッツ、千切りビーフジャーキー、バジルの葉、コリアンダー、サクサクのクラッカーを重ねたサラダは、gỏi đu đủと呼ばれることもあります。

ただし、ショーの主役はサラダに添えるドレッシングでなければなりません。風味、塩味、甘み、辛さのちょうどいい組み合わせ― 忘れられない味です。

10.エッグコーヒー(Cà Phê Trứng)

ベトナムの一般的なコーヒーはドリップコーヒーですが、もう一つの必須なものはエッグコーヒーです!うん、そうですね。ブラックコーヒーにホイップした卵黄をコンデンスミルクと合わせると、クリーミーで滑らかなコーヒーとなります。

コーヒーよりもデザートのような味で、完璧なキックを与えられたあなたは、その日は何でもする気になるでしょう!

11.揚げ豆腐と発酵エビのペースト入り春雨(Bún đậu mắm tôm)

すべての文化には独自の臭いがあり、おいしい味がありますが、ベトナムではブーン・シュウ・ムム・トムです。材料はシンプルですが、フレーバーは複雑で力強いです。主に春雨麺、揚げ豆腐、発酵エビのペーストを使っており、他には普通は、キュウリ、ミント、シソの葉、豚バラ肉も使われています。

素材を一つ一つ拾ってエビのペーストソースに浸し、口に放り込むのを繰り返します!匂いはちょっとクセがありますが、我々を信じて試す価値はありますよ。

12.スパイシーなビーフヌードルスープ(Bún bò huế)

phởがより大胆で熱い兄弟を持つなら、それはbún bò huếであるべきです。この麺料理の主な材料は、ビーフブイヨン、太いライスヌードル、ビーフシャンク、豚の足、血の塊、レモングラスです。

普通のもやし、新鮮なハーブ、ライム、その他のトッピングと調味料が添えられてきます。食欲をそそり、おいしくて中毒になりそうなこの料理は、もともとベトナム中部のフエから来ました。

味わう価値のあるフエのフレーバーは他にもあります。バイクの後ろに飛び乗って、地元の人のように街を歩いて、最高の屋台の食べ物を探しましょう。

13.豚肉の春雨焼き(Bún chả)

もともとハノイから来たこの春雨ですが、ベトナム全域ではグリルした豚肉が使われ、ディップソースが添えられています。Klookで見つけることができるオールドクォーターフードツアーのハイライトの1つです。

食べ方には2つの方法があります。すべてを大きなレタスの葉で包み、ソースに浸してから一口食べるか、すべてをディップソースに混ぜてボウルのように食べるかです。

どちらの方法を選択したところで、bún chảはまだまだ驚く食べものです。まだ納得していない方は、オバマがストリートヌードルジョイントで、アンソニーブルデインとボウルボウルを楽しんでいるGIFをご覧ください!

おなかがすいてきました!

ベトナムでの生活で我々が愛する15のこと

願い事リストに保存

外国人にもノマドにも、ベトナムは今、世界で最も住みやすい場所の1つです。確かに言語は取り組みがいがあるし、重大な社会問題がありますが、感謝すべきこともたくさんあります。ベトナム生活は本当に大好きです。それには15の理由があります。

食事はヘルシーで安い

世界中の先進国では、健康的な食品は通常、揚げ物、砂糖、大量生産の代替品よりも高価です。ピザのスライスのように安くて脂っこいものを食べるか、または少なくとも2倍の価格を払ってサラダを食べるか。しかしベトナムではそうではないのです。ここでは最も健康的な食品が最も安いのです。持ち運ぶのが痛いほど重い果物の袋は、5米ドルくらいです。

バイクの運転が楽しい

中には、他人のために運転したいと考える人々がいます。これはGrabやUberのような安価なアプリのおかげで、本当に素晴らしいオプションとなっています。しかし、ここに住む人々の多くは、二輪を愛しています。もちろん危険ではありますが、バイクの自由感に匹敵するものはありません。

アジアを旅するのが簡単で安い

ヨーロッパや北米に住んでいる人には、アジア旅行は簡単とは言えません。詳細を計画し、お金を節約し、節約した日をすべて使わなければいけません— 飛行機で半日過ごすのを好む人はいません。しかしベトナムに住んでいれば、タイ、カンボジア、台湾、ラオス、中国、日本、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、韓国などに旅行するのはとても簡単です。フライトは数時間で高価ではなく、これらの国のいずれかに1週間の旅行をすることもできます。

ベトナム人はあなたがここに居るのが大好き

長年にわたり、ベトナム人が大勢で国を離れ、オーストラリア、フランス、アメリカなどに向かっています。今日、外国人は「なぜベトナムに住んでいるのか」という質問を耳にします。去ろうとしている人々がいるのに、なぜ外国人が小さなベトナムに住みたいと思うのだろうかと疑問を持ちます。そこであなたが「ここに住むのが好きだから」と言うと、彼らは誇りに満ちるのです。ですからベトナム人は自国に外国人がいるのが大好きなのです。

雨の日が最高

我々は家で読書してくつろぐ言い訳が大好きです。集中豪雨ほど非生産的であることを感じさせるものはありません。それは完璧な言い訳になります。さらに、それは自然なホワイトノイズです。あなたが仕事に出かけなければならないとき、雨天はそれほど楽しいものではないですが、大雨ゆえに出勤の計画を吹き飛ばせたなら?最高ですね。

コーヒーはすごく強い

ベトナムのコーヒーは、頸静脈にカフェインを直接注入したように感じます。これは外がひどく暑くて動きが鈍いときに必要なものです。湿度が非常に高ければ、空気は粘性を感じます。氷を加えたミックスを飲めば、その日がもたらすものは何でも対処する事ができます。

ビーチは決して遠くない

ベトナムは長くて細い沿岸国なので、ビーチは常に車ですぐです。北の高地にいても、半日足らずでハロン湾で泳ぐことができます。サイゴンやハノイなどの大都市に住む人は、近くにラウンジチェアと海風があることを知っておくと良いでしょう。

市場

ベトナムの市場に足を踏み入れると、完全に興味深い体験ができます。匂い、騒音、そして奇妙で素晴らしい光景です。豚の頭、色とりどりの果物の山、ハーブのブッシェル、獲れたての魚のトレーなどがあります。

起業家精神が活況を呈している

アイディアや販売する製品があれば、ベトナムで夢を実現できます。タイや中央アメリカはかつてはノマドの多い地でしたが、最近ではベトナムがそのトップに近づいています。コストは低く、多くの技術分野で規制の枠組みがほとんどありません。

子供たちは家族の一員

あまりにも多くの西欧諸国では、子どもたちは背後にいて見えなくなっています— 両親が怖いからか、または、大人は子供が不快で、臭いがして、絶えず神経を尖らせていると思っているからかもしれません。大人が集まれば、子供たちは地下室や外に追いやられたりします。

しかしベトナムではそうではありません。 子供たちは家族の一員です。彼らはまだ子供ですが、彼らが行から外れたら、またすぐに彼らの場所に置かれます。ベトナムのこの部分が大好きです。 ここの子供たちが、人に対してとても敬意を払う理由の一つです。一員に含まれることで、彼らは行動する方法を学びます。

ナイトライフ

じゃあ、ちょっと飲みたいな。幸いなことに、ベトナムの人々も飲むのが大好きです。ここではビールが支配的な飲み物ですが、大都市では― サイゴン、ハノイ、ダナン、フエ— 素晴らしいカクテルとワインバーがあります。クラフトビールも急速に成長しています。小さな町や村でさえ、夜にパーティーをやっています。

ファッショナブルになりやすい

ブランド名は少し怪しいかもしれませんが、ベトナムの市場とショップは世界中のファッションスタイルとトレンドであふれています。もし特別な体型なら、仕立て屋はあなたが既製の服を買うよりも安い値段で必要なものを作ってくれます。低価格は物々交換のストレスを補います。

テト休日

国中が基本的に1週間休日となります。旅行するのには最適な時期ですが、何もせずにくつろいでいるのも楽しいものです。我々はこの休暇中の静かなベトナムが気に入っています。

教師は尊敬されている

ベトナムに住む多くの外国人が、ここで教師として働いています。一部の西洋諸国では、教育が過小評価されたキャリアとなっているため、ベトナムで教師が敬意を払われるのを見るのは新鮮です。全国的な教師の日もあり、子供たちが教師に贈り物や花を持っていきます。

ベトナム人は寛容

運転中に間違えたとしても、大したことではありません。誰もが時々やることです。西洋で見られるような目もくらむ激怒はありません。そこでは0.5秒間ブレーキを踏まなければならなかったという理由だけで怒ったりします。ベトナムでは道路の激怒はありますが、他の場所ほどではありません。そしてこれは生活の他の分野にも当てはまります。ベトナム人は間違いについて寛容です。その人が悪意を持っていなければ、それは問題ではありません— ベトナムでの生活が大好きな理由の1つです。

ベトナムでの生活(ホーチミン市)

ベトナムでの生活とは?外国で新しい生活を始めるには?

この「外国人に尋ねる」シリーズでは、ベトナムに住む外国人をインタビューしています。私はあなたにインスピレーションを与えたいのですが、海外生活の浮き沈みの正直な図も描きたいのです。

海外移住はユニークな経験で、時には挑戦的ですが、自分自身や世界について視野が広がり、多くのことを教えられ、また多くの点で報われています…

これは、ベトナム駐在員で現在ホーチミン市に住むガレスのインタビューです。

ベトナムでの駐在員生活

場所:ベトナム、ホーチミン市

名前:ガレス・トンプソン

年齢:29歳

出身地:ロンドンデリー、北アイルランド

彼の話

「大学を卒業したとき、自分の選択肢が豊富ではなかったことを認めます。大学時代の私は理想的な学生とはほど遠い状態で、専攻した科目で仕事の見通しは全くのゼロ、銀行口座はそれ以下でした。

他に何も無かったので、私はCELTA(英語を話さない人へ英語を教える証明書)資格取得にとりかかりましたが、正直なところ、より良いチャンスが来る前での穴埋めか時間つぶしのような気持ちでした。

最初に向かった所は韓国でした。ここは私にとって初の海外経験であり、母国に直ぐ帰るという選択肢はありませんでした。ここで私は教えるのが楽しく、探索するのも楽しく、そして食欲を刺激しました。

それ以来、私はアジア、中央アメリカ、中央アジア、ロシア、ヨーロッパと広範囲に旅をし、仕事を見つけるために定期的に一時停止して、パナマ、ニカラグア、キルギスタン、そして今はベトナムに来ています。」

なぜベトナムに引っ越したのか?

「東アジア以外で数年間、教えながら生活したあと、私はとてもベトナムに戻りたくなりました。ベトナムで英語教師の仕事を見つけるのは簡単ですし、とても楽しく働けて、寛大に支払ってくれるポジションを見つけられるのは非常に幸運だと認めます。ストレスが殆どなく、とても快適に生活している教師はたくさんいます。

住みやすさに加えて、ベトナム移住については、世界を長い期間旅行している友人のアドバイスで決心したのです。彼らはベトナム生活には常に肯定的で、日焼け、ビールベスト、そして驚くほどの物語を船積みにして持って帰りました。」

ベトナムでの生活で好きなことは?

「この国には好きなことがたくさんありますが、最も感動していることは、人々の温かさと友情です。ベトナム人は私が今まで出会った中で、最も歓迎してくれた人々でした。そして過去がどれほど悲惨なものであったかを考えると、外国人が依然として非常にオープンに歓迎されていることは、彼らの人間性の証です。

それとは別に、驚くほど素晴らしい景色や、ホーチミンのようにクレイジーな街にはとてもユニークな魅力があります。

ナイトライフについて言及しなければ、それは私の怠慢です。確かに、バックパッカーのシーンは少し面倒で怪しげになることもありますが、パーティーが常に行われ、ビールの価格が50セント未満なら、すべて許せます。」

ベトナムでの生活で嫌いなことは?

「ホーチミン市の外国人はみな、ここの外国人とある種の愛憎関係を持っているようです。Bui Vien(バックパッカーのメインストリート)で出会う人の多くは一時的な訪問者で、パーティー以上のことをしたくないため、振る舞いが良くない人もいます。

セックスツーリズムはタイほど一般的ではないものの、確実に存在します。売春婦やクライアントに道徳的な判断を下すつもりはありませんが、そういった場面には常に不快感が伴います。

日常的に目撃する貧困や下品なバーは見るに耐えないことがあります。私に言える資格はないかもしれませんが、そういった光景に慣れていない訪問者にはショックな現実です。」

ベトナムで何をするのが好き?

「ホーチミン市に住む最大の利点の1つは、ベトナムの他の地域や、ラオス、カンボジア、タイといった近隣国を探索するのには、最適な場所であるという点です。

空港は市内中心部からとても簡単にアクセスできます。フライトは豊富で安いですが、週末は混んでいます。

ベトナムの外食は素晴らしい経験です。街中には世界中のどこにも匹敵するような素晴らしいレストランがたくさんありますが、地元の人が頻繁に訪れる場所を試したくなります。メニューをランダムに指すと、時々食べられない物もありますが、かなり興味深い食事となります。

ベトナムの駐在員コミュニティとは?

「ベトナムでの生活は多様で、年齢、出身国、滞在期間でカテゴリにまとめるのも、共通点を見出すことさえも困難です。ここにはかなりのTEFL(外国語としての英語教育)業界があるので、ベトナムで外国人に出会えば、その人が英語教師である可能性は高いです。また、ここにはエンジニア、起業家、各種ボランティアとしても沢山の人が働いています。

結果的に、ベトナムに滞在する間、あなたはかなり興味深い人々、またはあまり興味の湧かない人々など、さまざまな出会いがあるでしょう。

ホーチミンは本当に素晴らしい人のるつぼなので、誰が何を期待するかが分からないところが楽しみの一つです。ベトナムで外国人とつながりたい場合は、Facebookに複数のグループがあります。そのグループに質問したり、賃貸アパートを見つけたりすることもできます。

ベトナムへの移住のヒントは?

「あなたの経験が先進国に限られているなら、ベトナムへの移住は精神的に準備が必要でしょう。官僚制は控えめに言っても面倒で、最も単純なタスクでも完了するのに長い時間がかかる場合があります。

交通事情は恐ろしく、又、観光エリアの外ではほとんど英語に出会えません。しかし、以前に発展途上国に住んだ経験があるなら、直面する多くの課題に驚かないですむでしょう。最終的には、ベトナム生活のすべての素晴らしい面が、マイナス面をはるかに上回るでしょう。」

ベトナムにいる間に観るべき場所は?

「ハロン湾はベトナムで必見のスポットと言われていますが、実際、この評判は完全に保証されると言っても良いです。特に早朝のクルーズで観るハロン湾はとっても美しいのです。国の中心にあるホイアンも絵のように素晴らしいです。

ベトナムをもっと探索したければ、古い戦争博物館に行き、市民にもたらした恐ろしい犠牲について学んでみてください。ベトナムの美しさと楽しみの中でも外国人の我々は、ベトナム人が悲劇の歴史を忘れていないことを知ります。

ベトナムでの生活

ベトナムでの生活は、東洋ならではの味を楽しめます。ベトナムは、歴史的に戦争と中央計画経済を罰することに関連付けられた、貧しく人口密度の高い国です。しかし今日では、観光地としてますます人気が高まっており、その美しい田園地帯とビーチは、あの悲劇的な過去と同じくらい有名になっています。

ベトナムは比較的小さな国で、総面積は約329,500平方キロメートルですが、54の民族グループが住んでいます。この中で最も重要なグループは、総人口の86%を占めるKinh(ベトナム)の人々です。58の州に分かれていますが、州と同じレベルに5つの中央管理自治体が存在します。ハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン、カントーです。

外国人駐在者としてのベトナム

ベトナムは近年、外国人にますます人気が高まっており、現在では外国人が住んで仕事をするのに安全な国として認識されています。外国人は、気候の良さ、生活費の低さ、活気ある文化、インフラの着実な改善に惹かれています。利点にもかかわらず、ベトナムに住む外国人が定期的に不満を言ういくつかの問題がまだあります。そのリストの1番は公害で、汚れた煙を吸い込まないように、マスクを着用している人々をよく見かけます。さらなる問題は交通状況です。通りは定期的に大量の車や自転車で混雑し、ベトナムの道路死亡率は世界で最も高い国の1つなのです。

ベトナムでの生活費

ベトナムの生活費は比較的低く、外国人駐在者は適度な出費で非常に快適な生活を送ることができます。2012年のマーサー生活費調査では、ハノイは世界で最も高価な都市のリストの136番目で、前年と変わりませんでした。主要都市の高級マンションから郊外の控えめな家まで、あらゆる予算に合わせてさまざまな宿泊施設があります。

ベトナムの地元の食べ物と西洋の食べ物の価格に大きな違いがあり、あなたが地元のバーやレストランで食事する心づもりなら、非常に安くておいしいものが食べられることに気付くでしょう。それに比べて西洋バーやレストランははるかに高価です。アジアの他の都市と同様に、ビールとスピリッツは非常に安価ですが、ワインは高価です。

言語

ベトナム語(公用語)、英語(ますます第2言語として好まれる)、一部のフランス語、中国語、クメール語。

気候

ベトナムは南が熱帯気候で、北がモンスーン気候です。

ベトナムでの生活:外国人駐在者とキャリアのチャンス

ベトナムに住む外国人の仕事のチャンスは稀ですが、適切な仕事を確保するのは不可能ではありません。非営利の国際開発作業に関連する分野では、チャンスが増えています。

CareerLink.VNなどのWebサイトには、日本語を生かした仕事が掲載されています。ただし、これらの分野での仕事は、一般的には経験者に限られています。

NGOの仕事に加えて、コンピューター関連のスキルも求められており、又、地域全体で教員の仕事があります。

すべての外国人がベトナム生活で知っておくべき重要な事実

・現在、ベトナムでは3つの通貨が使用されています。金は土地と住宅の購入に使用され、米ドルは高級品に使用され、ベトナムドンは日常品に使用されています。

・現時点では、非ベトナム人に土地の所有権はありませんが、土地の50年のリースを取得し、そこに家を建てることができます。

・外国人は現在、ベトナムの運転免許証なしで車を借りたり運転したりすることはできません。バイクは使用できます。

・一部の国の国民は、ベトナムへの入国ビザが許可されていません。

ベトナムでの生活:シティガイド

日系飲食店には現在、ハノイでの生活に役立つシティガイドがあります。この包括的なガイドには、ベトナムの都市への移住について知っておくべき全てが含まれています。

・最小限のストレスで効率的かつ効果的に移動します。

・新しい生活にすばやく簡単に慣れ、必要なときに必要なヘルプや支援を見つけます。

・あなたのライフスタイルと予算に合った住むエリアを特定します。

・志を同じくする人々と出会うのに適切な場所を見つけます。

・あなたの子供と学習ニーズに適した学校を見つけます。

・家族が海外での経験を最大限に活用できるようにします。

・事前に新しい文化に備え、戸惑いを避けます。

・課題に対処します。

ベトナムの屋台の食べ物トップ10

「私が思うには、自由世界の指導者を楽しませるに、これ以上の場所はありませんよ。古典的な店よりも、ハノイ中にある家族経営のファンキーなヌードル店です。夕食とビールで約6ドルです。大統領は国会でこんな美味しい夕食を召し上がったことはないでしょう」と語ります。

大統領であろうとなかろうと、ベトナムを旅行して、おいしい物を味わうのに有名なガイドは必要ありません。

ベトナム料理で最も安くておいしい場所の1つは、伝統的な屋外マーケットです。主に女性が経営するシングルディッシュの屋台では、何世代にもわたって母から娘に受け継がれた味の料理を提供しています。プラスチック製のスツール椅子を引き出す準備はできましたか?ベトナムで最高のストリートフード10種を紹介しましょう。

1.フォー

フォーを抜きにしたベトナム料理のリストがあるでしょうか?

ベトナムの主要都市にいけば、フォースタンドで麺をすする群衆を見ずに通り抜けるのは、ほぼ不可能です。塩辛いスープ、新鮮なライスヌードル、ハーブと鶏肉または牛肉のふりかけで出来上がっている単純な料理は、地元の食生活の特徴です。安くて、おいしくて、何時でもどこでも食べる事ができます。

2.ブンチャ

フォーはベトナムで最も有名な料理かもしれませんが、首都でのランチタイムはブンチャが一番の人気です。ハノイのストリートサイドレストランが、ポークの小さなパテとマリネしたポークベリーのスライスを炭火で焼き始める午前11時以降に、肉の煙を探してください。

焦がしてカリカリになったものを、一口は魚醤入りの濃厚なスープと一緒に出してくれて、ハーブのバスケット、ライスヌードルが添えられます。ブンチャセットには、しばしば美味しいネムキュアベという揚げたカニの春巻きが付いてきます。まだ信じられませんか?これはオバマが夜にブルデインと一緒に食べたものですよ。

3. ソイ(おこわ)

美味しいもち米は、ベトナム料理の付け合わせではありません。それ自体が大事な食事そのものなのです。モチモチしたステープルには、鶏肉や豚肉のスライバーや目玉焼きまたは保存卵など、さまざまなものが入っています。普通は、乾燥したエシャロットが散りばめられています。

4. バインセオ(ベトナム風お好み焼き)

良いバインセオは豚肉、エビ、もやしが入っている膨らんだカリカリのクレープで、ベトナム料理の特徴である新鮮なハーブが飾ってあります。地元の人のように味わうなら、手頃な大きさにそれらをスライスし、ライスペーパーまたはレタスの葉で巻いて、シェフが作った特別なソースに浸して食べます。

5.ゴイ・クオン(生春巻き)

軽くて新鮮なこの春巻きは、揚げ物を楽しみすぎた人にはヘルシーで嬉しいチョイスとなります。半透明の小さな包には、サラダグリーン、肉または魚介類のスライバー、コリアンダーなどがきちんと詰められてあり、ベトナム人のお気に入り調味料である魚醤に浸して食べます。

揚げ物のほうが好きですか?北部では、これを揚げた小さな包をネムランという名で呼び、南部ではチャオと呼んでいます。サクサクした殻が柔らかい野菜と肉を包み込んでいます。

6.ブンボナムボ

ハノイで広く人気があるこの春雨麺にはスープが入っているのですが、外見や食感が損なわれないようになっています。牛肉の柔らかいスライスは、カリカリのピーナッツともやしと混ざり合い、新鮮なハーブ、サクサクした乾燥エシャロット、そして魚のソースと燃えるような唐辛子で味付けされています。

7.カオラウ

ホイアンのこのポークヌードル料理は、盛況のうちに貿易港を訪れたさまざまな文化の影響を受けています。厚い麺は日本のうどんに似ており、シャキッとしたワンタンクラッカーと豚肉は中国風で、スープとハーブは明らかにベトナム料理です。本物のカオラウは、地元のバレ井戸から汲み上げた水でのみ作られているのです。

8.バンミ

フランス人がベトナムにバゲットを持ちこみましたが、ベトナム人はそれを別のレベルに引き上げました。これは、あなたが滞在する町によって違いがあります。

北部では、シェフは炭水化物、脂肪、タンパク質の基本要素であるパン、マーガリン、パテにこだわっています。南部に行くと、チーズ、コールドカット、漬物、ソーセージ、目玉焼き、新鮮なコリアンダー、チリソースなど、よりカラフルな組み合わせにしています。

9.ボットチェン

ホーチミン市の人気ストリートスナックであるボットチェンは、学校の放課後と深夜以降に人気があります。米粉生地の塊を大きな中華鍋でサクサクするまで揚げ、卵を混ぜます。調理したら、パパイヤ、エシャロット、ネギのスライスを添えて、チリソースとライスビネガーの風味を加えます。

10.カフェチュン

ベトナムの「エッグコーヒー」は技術的には飲み物ですが、どちらかといえばデザートのカテゴリーです。濃厚なベトナムのコーヒーにクリーム色のメレンゲのような卵白の泡が乗りますが、ベトナム人はスプーンで泡を舐めることなく飲む人が多いです。