愛すること

ベトナムでの生活で我々が愛する15のこと

願い事リストに保存

外国人にもノマドにも、ベトナムは今、世界で最も住みやすい場所の1つです。確かに言語は取り組みがいがあるし、重大な社会問題がありますが、感謝すべきこともたくさんあります。ベトナム生活は本当に大好きです。それには15の理由があります。

食事はヘルシーで安い

世界中の先進国では、健康的な食品は通常、揚げ物、砂糖、大量生産の代替品よりも高価です。ピザのスライスのように安くて脂っこいものを食べるか、または少なくとも2倍の価格を払ってサラダを食べるか。しかしベトナムではそうではないのです。ここでは最も健康的な食品が最も安いのです。持ち運ぶのが痛いほど重い果物の袋は、5米ドルくらいです。

バイクの運転が楽しい

中には、他人のために運転したいと考える人々がいます。これはGrabやUberのような安価なアプリのおかげで、本当に素晴らしいオプションとなっています。しかし、ここに住む人々の多くは、二輪を愛しています。もちろん危険ではありますが、バイクの自由感に匹敵するものはありません。

アジアを旅するのが簡単で安い

ヨーロッパや北米に住んでいる人には、アジア旅行は簡単とは言えません。詳細を計画し、お金を節約し、節約した日をすべて使わなければいけません— 飛行機で半日過ごすのを好む人はいません。しかしベトナムに住んでいれば、タイ、カンボジア、台湾、ラオス、中国、日本、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、韓国などに旅行するのはとても簡単です。フライトは数時間で高価ではなく、これらの国のいずれかに1週間の旅行をすることもできます。

ベトナム人はあなたがここに居るのが大好き

長年にわたり、ベトナム人が大勢で国を離れ、オーストラリア、フランス、アメリカなどに向かっています。今日、外国人は「なぜベトナムに住んでいるのか」という質問を耳にします。去ろうとしている人々がいるのに、なぜ外国人が小さなベトナムに住みたいと思うのだろうかと疑問を持ちます。そこであなたが「ここに住むのが好きだから」と言うと、彼らは誇りに満ちるのです。ですからベトナム人は自国に外国人がいるのが大好きなのです。

雨の日が最高

我々は家で読書してくつろぐ言い訳が大好きです。集中豪雨ほど非生産的であることを感じさせるものはありません。それは完璧な言い訳になります。さらに、それは自然なホワイトノイズです。あなたが仕事に出かけなければならないとき、雨天はそれほど楽しいものではないですが、大雨ゆえに出勤の計画を吹き飛ばせたなら?最高ですね。

コーヒーはすごく強い

ベトナムのコーヒーは、頸静脈にカフェインを直接注入したように感じます。これは外がひどく暑くて動きが鈍いときに必要なものです。湿度が非常に高ければ、空気は粘性を感じます。氷を加えたミックスを飲めば、その日がもたらすものは何でも対処する事ができます。

ビーチは決して遠くない

ベトナムは長くて細い沿岸国なので、ビーチは常に車ですぐです。北の高地にいても、半日足らずでハロン湾で泳ぐことができます。サイゴンやハノイなどの大都市に住む人は、近くにラウンジチェアと海風があることを知っておくと良いでしょう。

市場

ベトナムの市場に足を踏み入れると、完全に興味深い体験ができます。匂い、騒音、そして奇妙で素晴らしい光景です。豚の頭、色とりどりの果物の山、ハーブのブッシェル、獲れたての魚のトレーなどがあります。

起業家精神が活況を呈している

アイディアや販売する製品があれば、ベトナムで夢を実現できます。タイや中央アメリカはかつてはノマドの多い地でしたが、最近ではベトナムがそのトップに近づいています。コストは低く、多くの技術分野で規制の枠組みがほとんどありません。

子供たちは家族の一員

あまりにも多くの西欧諸国では、子どもたちは背後にいて見えなくなっています— 両親が怖いからか、または、大人は子供が不快で、臭いがして、絶えず神経を尖らせていると思っているからかもしれません。大人が集まれば、子供たちは地下室や外に追いやられたりします。

しかしベトナムではそうではありません。 子供たちは家族の一員です。彼らはまだ子供ですが、彼らが行から外れたら、またすぐに彼らの場所に置かれます。ベトナムのこの部分が大好きです。 ここの子供たちが、人に対してとても敬意を払う理由の一つです。一員に含まれることで、彼らは行動する方法を学びます。

ナイトライフ

じゃあ、ちょっと飲みたいな。幸いなことに、ベトナムの人々も飲むのが大好きです。ここではビールが支配的な飲み物ですが、大都市では― サイゴン、ハノイ、ダナン、フエ— 素晴らしいカクテルとワインバーがあります。クラフトビールも急速に成長しています。小さな町や村でさえ、夜にパーティーをやっています。

ファッショナブルになりやすい

ブランド名は少し怪しいかもしれませんが、ベトナムの市場とショップは世界中のファッションスタイルとトレンドであふれています。もし特別な体型なら、仕立て屋はあなたが既製の服を買うよりも安い値段で必要なものを作ってくれます。低価格は物々交換のストレスを補います。

テト休日

国中が基本的に1週間休日となります。旅行するのには最適な時期ですが、何もせずにくつろいでいるのも楽しいものです。我々はこの休暇中の静かなベトナムが気に入っています。

教師は尊敬されている

ベトナムに住む多くの外国人が、ここで教師として働いています。一部の西洋諸国では、教育が過小評価されたキャリアとなっているため、ベトナムで教師が敬意を払われるのを見るのは新鮮です。全国的な教師の日もあり、子供たちが教師に贈り物や花を持っていきます。

ベトナム人は寛容

運転中に間違えたとしても、大したことではありません。誰もが時々やることです。西洋で見られるような目もくらむ激怒はありません。そこでは0.5秒間ブレーキを踏まなければならなかったという理由だけで怒ったりします。ベトナムでは道路の激怒はありますが、他の場所ほどではありません。そしてこれは生活の他の分野にも当てはまります。ベトナム人は間違いについて寛容です。その人が悪意を持っていなければ、それは問題ではありません— ベトナムでの生活が大好きな理由の1つです。