ランキング

ベトナムの屋台の食べ物トップ10

「私が思うには、自由世界の指導者を楽しませるに、これ以上の場所はありませんよ。古典的な店よりも、ハノイ中にある家族経営のファンキーなヌードル店です。夕食とビールで約6ドルです。大統領は国会でこんな美味しい夕食を召し上がったことはないでしょう」と語ります。

大統領であろうとなかろうと、ベトナムを旅行して、おいしい物を味わうのに有名なガイドは必要ありません。

ベトナム料理で最も安くておいしい場所の1つは、伝統的な屋外マーケットです。主に女性が経営するシングルディッシュの屋台では、何世代にもわたって母から娘に受け継がれた味の料理を提供しています。プラスチック製のスツール椅子を引き出す準備はできましたか?ベトナムで最高のストリートフード10種を紹介しましょう。

1.フォー

フォーを抜きにしたベトナム料理のリストがあるでしょうか?

ベトナムの主要都市にいけば、フォースタンドで麺をすする群衆を見ずに通り抜けるのは、ほぼ不可能です。塩辛いスープ、新鮮なライスヌードル、ハーブと鶏肉または牛肉のふりかけで出来上がっている単純な料理は、地元の食生活の特徴です。安くて、おいしくて、何時でもどこでも食べる事ができます。

2.ブンチャ

フォーはベトナムで最も有名な料理かもしれませんが、首都でのランチタイムはブンチャが一番の人気です。ハノイのストリートサイドレストランが、ポークの小さなパテとマリネしたポークベリーのスライスを炭火で焼き始める午前11時以降に、肉の煙を探してください。

焦がしてカリカリになったものを、一口は魚醤入りの濃厚なスープと一緒に出してくれて、ハーブのバスケット、ライスヌードルが添えられます。ブンチャセットには、しばしば美味しいネムキュアベという揚げたカニの春巻きが付いてきます。まだ信じられませんか?これはオバマが夜にブルデインと一緒に食べたものですよ。

3. ソイ(おこわ)

美味しいもち米は、ベトナム料理の付け合わせではありません。それ自体が大事な食事そのものなのです。モチモチしたステープルには、鶏肉や豚肉のスライバーや目玉焼きまたは保存卵など、さまざまなものが入っています。普通は、乾燥したエシャロットが散りばめられています。

4. バインセオ(ベトナム風お好み焼き)

良いバインセオは豚肉、エビ、もやしが入っている膨らんだカリカリのクレープで、ベトナム料理の特徴である新鮮なハーブが飾ってあります。地元の人のように味わうなら、手頃な大きさにそれらをスライスし、ライスペーパーまたはレタスの葉で巻いて、シェフが作った特別なソースに浸して食べます。

5.ゴイ・クオン(生春巻き)

軽くて新鮮なこの春巻きは、揚げ物を楽しみすぎた人にはヘルシーで嬉しいチョイスとなります。半透明の小さな包には、サラダグリーン、肉または魚介類のスライバー、コリアンダーなどがきちんと詰められてあり、ベトナム人のお気に入り調味料である魚醤に浸して食べます。

揚げ物のほうが好きですか?北部では、これを揚げた小さな包をネムランという名で呼び、南部ではチャオと呼んでいます。サクサクした殻が柔らかい野菜と肉を包み込んでいます。

6.ブンボナムボ

ハノイで広く人気があるこの春雨麺にはスープが入っているのですが、外見や食感が損なわれないようになっています。牛肉の柔らかいスライスは、カリカリのピーナッツともやしと混ざり合い、新鮮なハーブ、サクサクした乾燥エシャロット、そして魚のソースと燃えるような唐辛子で味付けされています。

7.カオラウ

ホイアンのこのポークヌードル料理は、盛況のうちに貿易港を訪れたさまざまな文化の影響を受けています。厚い麺は日本のうどんに似ており、シャキッとしたワンタンクラッカーと豚肉は中国風で、スープとハーブは明らかにベトナム料理です。本物のカオラウは、地元のバレ井戸から汲み上げた水でのみ作られているのです。

8.バンミ

フランス人がベトナムにバゲットを持ちこみましたが、ベトナム人はそれを別のレベルに引き上げました。これは、あなたが滞在する町によって違いがあります。

北部では、シェフは炭水化物、脂肪、タンパク質の基本要素であるパン、マーガリン、パテにこだわっています。南部に行くと、チーズ、コールドカット、漬物、ソーセージ、目玉焼き、新鮮なコリアンダー、チリソースなど、よりカラフルな組み合わせにしています。

9.ボットチェン

ホーチミン市の人気ストリートスナックであるボットチェンは、学校の放課後と深夜以降に人気があります。米粉生地の塊を大きな中華鍋でサクサクするまで揚げ、卵を混ぜます。調理したら、パパイヤ、エシャロット、ネギのスライスを添えて、チリソースとライスビネガーの風味を加えます。

10.カフェチュン

ベトナムの「エッグコーヒー」は技術的には飲み物ですが、どちらかといえばデザートのカテゴリーです。濃厚なベトナムのコーヒーにクリーム色のメレンゲのような卵白の泡が乗りますが、ベトナム人はスプーンで泡を舐めることなく飲む人が多いです。