生活

ベトナム在住の外国人向けガイド

ベトナムに移住し、大きな変化を遂げたい人にとって、ベトナムで失望することは無いです。生活費は安く、文化は活気があり、外国人は急速に成長している分野で働いたり教えたりすることで、希望のライフスタイルを簡単に実現する事ができます。しかし表面的な印象ほどは単純ではなく、事前に考がるべきことがあります。

事前の書類整理

ベトナムで働く計画がある場合は、必要なすべての書類の公証コピーを持参してください。法的には、労働許可証なしではベトナムで働くことができません。しばらく持たないまま働いても、当局はランダムなチェックを行い、外国人とその雇用主を逮捕します。罰金は高額です。良いオプションの1つは、3か月の観光ビザで入国し、その時間を使って仕事を見つけることです。ビザの有効期限が切れる前に、おそらくは一旦国を離れて戻ってくる必要がありますが、カンボジアまでバスで行くことができ、1日しかかかりません。

あなたが希望するライフスタイルに合った場所を選んでください。山村や広大な都市、又はビーチのある町など、新生活を始めるに好ましい、素晴らしい場所が沢山あります。どこに住むかは、あなたの仕事や個性によりますが、ここで最も人気のある場所を見ていきましょう。

ホーチミン市

ベトナムに住む外国人の半数以上は、この臭くて熱いメガシティを故郷と呼びます。人混みと交通渋滞が気になる人や緑地が恋しい人は、他の場所を選んでください。しかし多くの外国人がホーチミン市に住む理由が、この都市の賑やかさにあるようです。至るところに冒険と興奮があるからです。

予算に合った宿泊施設が豊富で、何度も行きたくなる素晴らしいレストランがたくさんあります。外国人コミュニティは広く多様で、新しい友人を簡単に見つけることができます。多くの外国人が教師として働いていますが、この街は技術、製造、観光の中心地なので、さまざまな分野で仕事を見つけることが可能なのです。しかし専門家は仕事を見つけるのに苦労するかもしれません。なぜなら地元の人々は同じ仕事を、はるかに少ない賃金でするからです。

ハノイ

ハノイはホーチミン市ほど国際色豊かではありませんが、その文化と独特の雰囲気が外国人に好まれています。又、年の大部分が涼しい気候というのもあります。ハノイはベトナム政府と官僚の本拠地なので、多くの外国企業があるホーチミン市ほど、多くの部門の仕事はありません。教職は人気があり、最終的に自分のビジネスを開く外国人も多いです。しかし、ベトナム人の配偶者や信頼できる地元の友人がいなければ、ビジネスを始めるのはほぼ不可能に近いので、まずはこの国で時間を過ごす必要があります。

ダナン

ビーチの近くに住みながら都市の雰囲気を味わいたいなら、ダナンがぴったりです。この都市は活況を呈しており、すでに定住している多くの外国人が、ハノイやホーチミン市よりもここを好んでいます。素晴らしいビーチだけでなく、近くには山岳ジャングルがあり、ユニークな冒険ができるところです。外国収入のあるノマドにとっては絶好の場所ですが、定期的なビザの更新を忘れないでください。

ニャチャン

ニャチャンはロシア人に人気のある休日スポットです。ここでの仕事は殆どが観光に関連しています。素敵なビーチがあり、リラックスした美しい観光都市です。定期的なビザの更新を気にしたくないノマドにとっても好まれる場所です。

ブンタウ

ビーチは国内の他の場所ほど有名ではありませんが、のんびりした雰囲気でホーチミン市に近いので、外国人に人気が高まっています。エアコン付きのバスでわずか2時間です。ですから毎日人に会う必要のない仕事をしているなら、この静かなビーチタウンに住んで、必要なときにいつでもホーチミン市に行くことができます。ブンタウは最近、外国人やノマド向けのいくつかの雑誌で取り上げられています。

どれくらいのお金が必要?

ベトナムへはわずかなお金で行けますが、行く前にはある程度の貯金をしておくべきです。ベトナムの雇用主があなたの費用を負担する意思がないなら、その分が必要です。そして殆どのアパートはデポジットと最初の月の家賃を前払いする必要があるし、労働許可証とビジネスビザの取得に数百ドルかかります。

したがって最初の給料が入るまでは、貯金を使わなければなりません。妥当な月額予算を把握し、少なくとも6か月分は十分に持参できるよう準備したほうがよいでしょう。

散策してみては?

ベトナムではバイクは安くて豊富です。万が一の事故に備えて、ベトナムに来る前に国際運転免許証を取得してください。そうすれば、簡単にベトナムの運転免許証に変換できます。保険がなければ事故に巻き込まれた場合、全費用を自己負担することになります。安全のためにも、最初はUberやGrabを利用したほうが良いでしょう。最初の頃はベトナムの交通状況に間違いなく圧倒されますから。

地元の文化

ベトナム人は外国人を驚くほど歓迎しています。彼らは外国人を迎え入れることは双方にとって有益であると認識しているのです。なぜなら、外国人はベトナムが経済大国へと発展するのをサポートするからです。習慣やエチケットについては、ベトナム人はとても寛容で、行くたびに学べるので心配いりません。あなたが必要な書類、貯金、そしてお金を稼ぐ方法のおおまかな準備をしてベトナムに行くなら、あとは自動的に整理されます。

ベトナムでの生活で我々が愛する15のこと

願い事リストに保存

外国人にもノマドにも、ベトナムは今、世界で最も住みやすい場所の1つです。確かに言語は取り組みがいがあるし、重大な社会問題がありますが、感謝すべきこともたくさんあります。ベトナム生活は本当に大好きです。それには15の理由があります。

食事はヘルシーで安い

世界中の先進国では、健康的な食品は通常、揚げ物、砂糖、大量生産の代替品よりも高価です。ピザのスライスのように安くて脂っこいものを食べるか、または少なくとも2倍の価格を払ってサラダを食べるか。しかしベトナムではそうではないのです。ここでは最も健康的な食品が最も安いのです。持ち運ぶのが痛いほど重い果物の袋は、5米ドルくらいです。

バイクの運転が楽しい

中には、他人のために運転したいと考える人々がいます。これはGrabやUberのような安価なアプリのおかげで、本当に素晴らしいオプションとなっています。しかし、ここに住む人々の多くは、二輪を愛しています。もちろん危険ではありますが、バイクの自由感に匹敵するものはありません。

アジアを旅するのが簡単で安い

ヨーロッパや北米に住んでいる人には、アジア旅行は簡単とは言えません。詳細を計画し、お金を節約し、節約した日をすべて使わなければいけません— 飛行機で半日過ごすのを好む人はいません。しかしベトナムに住んでいれば、タイ、カンボジア、台湾、ラオス、中国、日本、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、韓国などに旅行するのはとても簡単です。フライトは数時間で高価ではなく、これらの国のいずれかに1週間の旅行をすることもできます。

ベトナム人はあなたがここに居るのが大好き

長年にわたり、ベトナム人が大勢で国を離れ、オーストラリア、フランス、アメリカなどに向かっています。今日、外国人は「なぜベトナムに住んでいるのか」という質問を耳にします。去ろうとしている人々がいるのに、なぜ外国人が小さなベトナムに住みたいと思うのだろうかと疑問を持ちます。そこであなたが「ここに住むのが好きだから」と言うと、彼らは誇りに満ちるのです。ですからベトナム人は自国に外国人がいるのが大好きなのです。

雨の日が最高

我々は家で読書してくつろぐ言い訳が大好きです。集中豪雨ほど非生産的であることを感じさせるものはありません。それは完璧な言い訳になります。さらに、それは自然なホワイトノイズです。あなたが仕事に出かけなければならないとき、雨天はそれほど楽しいものではないですが、大雨ゆえに出勤の計画を吹き飛ばせたなら?最高ですね。

コーヒーはすごく強い

ベトナムのコーヒーは、頸静脈にカフェインを直接注入したように感じます。これは外がひどく暑くて動きが鈍いときに必要なものです。湿度が非常に高ければ、空気は粘性を感じます。氷を加えたミックスを飲めば、その日がもたらすものは何でも対処する事ができます。

ビーチは決して遠くない

ベトナムは長くて細い沿岸国なので、ビーチは常に車ですぐです。北の高地にいても、半日足らずでハロン湾で泳ぐことができます。サイゴンやハノイなどの大都市に住む人は、近くにラウンジチェアと海風があることを知っておくと良いでしょう。

市場

ベトナムの市場に足を踏み入れると、完全に興味深い体験ができます。匂い、騒音、そして奇妙で素晴らしい光景です。豚の頭、色とりどりの果物の山、ハーブのブッシェル、獲れたての魚のトレーなどがあります。

起業家精神が活況を呈している

アイディアや販売する製品があれば、ベトナムで夢を実現できます。タイや中央アメリカはかつてはノマドの多い地でしたが、最近ではベトナムがそのトップに近づいています。コストは低く、多くの技術分野で規制の枠組みがほとんどありません。

子供たちは家族の一員

あまりにも多くの西欧諸国では、子どもたちは背後にいて見えなくなっています— 両親が怖いからか、または、大人は子供が不快で、臭いがして、絶えず神経を尖らせていると思っているからかもしれません。大人が集まれば、子供たちは地下室や外に追いやられたりします。

しかしベトナムではそうではありません。 子供たちは家族の一員です。彼らはまだ子供ですが、彼らが行から外れたら、またすぐに彼らの場所に置かれます。ベトナムのこの部分が大好きです。 ここの子供たちが、人に対してとても敬意を払う理由の一つです。一員に含まれることで、彼らは行動する方法を学びます。

ナイトライフ

じゃあ、ちょっと飲みたいな。幸いなことに、ベトナムの人々も飲むのが大好きです。ここではビールが支配的な飲み物ですが、大都市では― サイゴン、ハノイ、ダナン、フエ— 素晴らしいカクテルとワインバーがあります。クラフトビールも急速に成長しています。小さな町や村でさえ、夜にパーティーをやっています。

ファッショナブルになりやすい

ブランド名は少し怪しいかもしれませんが、ベトナムの市場とショップは世界中のファッションスタイルとトレンドであふれています。もし特別な体型なら、仕立て屋はあなたが既製の服を買うよりも安い値段で必要なものを作ってくれます。低価格は物々交換のストレスを補います。

テト休日

国中が基本的に1週間休日となります。旅行するのには最適な時期ですが、何もせずにくつろいでいるのも楽しいものです。我々はこの休暇中の静かなベトナムが気に入っています。

教師は尊敬されている

ベトナムに住む多くの外国人が、ここで教師として働いています。一部の西洋諸国では、教育が過小評価されたキャリアとなっているため、ベトナムで教師が敬意を払われるのを見るのは新鮮です。全国的な教師の日もあり、子供たちが教師に贈り物や花を持っていきます。

ベトナム人は寛容

運転中に間違えたとしても、大したことではありません。誰もが時々やることです。西洋で見られるような目もくらむ激怒はありません。そこでは0.5秒間ブレーキを踏まなければならなかったという理由だけで怒ったりします。ベトナムでは道路の激怒はありますが、他の場所ほどではありません。そしてこれは生活の他の分野にも当てはまります。ベトナム人は間違いについて寛容です。その人が悪意を持っていなければ、それは問題ではありません— ベトナムでの生活が大好きな理由の1つです。

ベトナムでの生活(ホーチミン市)

ベトナムでの生活とは?外国で新しい生活を始めるには?

この「外国人に尋ねる」シリーズでは、ベトナムに住む外国人をインタビューしています。私はあなたにインスピレーションを与えたいのですが、海外生活の浮き沈みの正直な図も描きたいのです。

海外移住はユニークな経験で、時には挑戦的ですが、自分自身や世界について視野が広がり、多くのことを教えられ、また多くの点で報われています…

これは、ベトナム駐在員で現在ホーチミン市に住むガレスのインタビューです。

ベトナムでの駐在員生活

場所:ベトナム、ホーチミン市

名前:ガレス・トンプソン

年齢:29歳

出身地:ロンドンデリー、北アイルランド

彼の話

「大学を卒業したとき、自分の選択肢が豊富ではなかったことを認めます。大学時代の私は理想的な学生とはほど遠い状態で、専攻した科目で仕事の見通しは全くのゼロ、銀行口座はそれ以下でした。

他に何も無かったので、私はCELTA(英語を話さない人へ英語を教える証明書)資格取得にとりかかりましたが、正直なところ、より良いチャンスが来る前での穴埋めか時間つぶしのような気持ちでした。

最初に向かった所は韓国でした。ここは私にとって初の海外経験であり、母国に直ぐ帰るという選択肢はありませんでした。ここで私は教えるのが楽しく、探索するのも楽しく、そして食欲を刺激しました。

それ以来、私はアジア、中央アメリカ、中央アジア、ロシア、ヨーロッパと広範囲に旅をし、仕事を見つけるために定期的に一時停止して、パナマ、ニカラグア、キルギスタン、そして今はベトナムに来ています。」

なぜベトナムに引っ越したのか?

「東アジア以外で数年間、教えながら生活したあと、私はとてもベトナムに戻りたくなりました。ベトナムで英語教師の仕事を見つけるのは簡単ですし、とても楽しく働けて、寛大に支払ってくれるポジションを見つけられるのは非常に幸運だと認めます。ストレスが殆どなく、とても快適に生活している教師はたくさんいます。

住みやすさに加えて、ベトナム移住については、世界を長い期間旅行している友人のアドバイスで決心したのです。彼らはベトナム生活には常に肯定的で、日焼け、ビールベスト、そして驚くほどの物語を船積みにして持って帰りました。」

ベトナムでの生活で好きなことは?

「この国には好きなことがたくさんありますが、最も感動していることは、人々の温かさと友情です。ベトナム人は私が今まで出会った中で、最も歓迎してくれた人々でした。そして過去がどれほど悲惨なものであったかを考えると、外国人が依然として非常にオープンに歓迎されていることは、彼らの人間性の証です。

それとは別に、驚くほど素晴らしい景色や、ホーチミンのようにクレイジーな街にはとてもユニークな魅力があります。

ナイトライフについて言及しなければ、それは私の怠慢です。確かに、バックパッカーのシーンは少し面倒で怪しげになることもありますが、パーティーが常に行われ、ビールの価格が50セント未満なら、すべて許せます。」

ベトナムでの生活で嫌いなことは?

「ホーチミン市の外国人はみな、ここの外国人とある種の愛憎関係を持っているようです。Bui Vien(バックパッカーのメインストリート)で出会う人の多くは一時的な訪問者で、パーティー以上のことをしたくないため、振る舞いが良くない人もいます。

セックスツーリズムはタイほど一般的ではないものの、確実に存在します。売春婦やクライアントに道徳的な判断を下すつもりはありませんが、そういった場面には常に不快感が伴います。

日常的に目撃する貧困や下品なバーは見るに耐えないことがあります。私に言える資格はないかもしれませんが、そういった光景に慣れていない訪問者にはショックな現実です。」

ベトナムで何をするのが好き?

「ホーチミン市に住む最大の利点の1つは、ベトナムの他の地域や、ラオス、カンボジア、タイといった近隣国を探索するのには、最適な場所であるという点です。

空港は市内中心部からとても簡単にアクセスできます。フライトは豊富で安いですが、週末は混んでいます。

ベトナムの外食は素晴らしい経験です。街中には世界中のどこにも匹敵するような素晴らしいレストランがたくさんありますが、地元の人が頻繁に訪れる場所を試したくなります。メニューをランダムに指すと、時々食べられない物もありますが、かなり興味深い食事となります。

ベトナムの駐在員コミュニティとは?

「ベトナムでの生活は多様で、年齢、出身国、滞在期間でカテゴリにまとめるのも、共通点を見出すことさえも困難です。ここにはかなりのTEFL(外国語としての英語教育)業界があるので、ベトナムで外国人に出会えば、その人が英語教師である可能性は高いです。また、ここにはエンジニア、起業家、各種ボランティアとしても沢山の人が働いています。

結果的に、ベトナムに滞在する間、あなたはかなり興味深い人々、またはあまり興味の湧かない人々など、さまざまな出会いがあるでしょう。

ホーチミンは本当に素晴らしい人のるつぼなので、誰が何を期待するかが分からないところが楽しみの一つです。ベトナムで外国人とつながりたい場合は、Facebookに複数のグループがあります。そのグループに質問したり、賃貸アパートを見つけたりすることもできます。

ベトナムへの移住のヒントは?

「あなたの経験が先進国に限られているなら、ベトナムへの移住は精神的に準備が必要でしょう。官僚制は控えめに言っても面倒で、最も単純なタスクでも完了するのに長い時間がかかる場合があります。

交通事情は恐ろしく、又、観光エリアの外ではほとんど英語に出会えません。しかし、以前に発展途上国に住んだ経験があるなら、直面する多くの課題に驚かないですむでしょう。最終的には、ベトナム生活のすべての素晴らしい面が、マイナス面をはるかに上回るでしょう。」

ベトナムにいる間に観るべき場所は?

「ハロン湾はベトナムで必見のスポットと言われていますが、実際、この評判は完全に保証されると言っても良いです。特に早朝のクルーズで観るハロン湾はとっても美しいのです。国の中心にあるホイアンも絵のように素晴らしいです。

ベトナムをもっと探索したければ、古い戦争博物館に行き、市民にもたらした恐ろしい犠牲について学んでみてください。ベトナムの美しさと楽しみの中でも外国人の我々は、ベトナム人が悲劇の歴史を忘れていないことを知ります。

ベトナムでの生活

ベトナムでの生活は、東洋ならではの味を楽しめます。ベトナムは、歴史的に戦争と中央計画経済を罰することに関連付けられた、貧しく人口密度の高い国です。しかし今日では、観光地としてますます人気が高まっており、その美しい田園地帯とビーチは、あの悲劇的な過去と同じくらい有名になっています。

ベトナムは比較的小さな国で、総面積は約329,500平方キロメートルですが、54の民族グループが住んでいます。この中で最も重要なグループは、総人口の86%を占めるKinh(ベトナム)の人々です。58の州に分かれていますが、州と同じレベルに5つの中央管理自治体が存在します。ハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン、カントーです。

外国人駐在者としてのベトナム

ベトナムは近年、外国人にますます人気が高まっており、現在では外国人が住んで仕事をするのに安全な国として認識されています。外国人は、気候の良さ、生活費の低さ、活気ある文化、インフラの着実な改善に惹かれています。利点にもかかわらず、ベトナムに住む外国人が定期的に不満を言ういくつかの問題がまだあります。そのリストの1番は公害で、汚れた煙を吸い込まないように、マスクを着用している人々をよく見かけます。さらなる問題は交通状況です。通りは定期的に大量の車や自転車で混雑し、ベトナムの道路死亡率は世界で最も高い国の1つなのです。

ベトナムでの生活費

ベトナムの生活費は比較的低く、外国人駐在者は適度な出費で非常に快適な生活を送ることができます。2012年のマーサー生活費調査では、ハノイは世界で最も高価な都市のリストの136番目で、前年と変わりませんでした。主要都市の高級マンションから郊外の控えめな家まで、あらゆる予算に合わせてさまざまな宿泊施設があります。

ベトナムの地元の食べ物と西洋の食べ物の価格に大きな違いがあり、あなたが地元のバーやレストランで食事する心づもりなら、非常に安くておいしいものが食べられることに気付くでしょう。それに比べて西洋バーやレストランははるかに高価です。アジアの他の都市と同様に、ビールとスピリッツは非常に安価ですが、ワインは高価です。

言語

ベトナム語(公用語)、英語(ますます第2言語として好まれる)、一部のフランス語、中国語、クメール語。

気候

ベトナムは南が熱帯気候で、北がモンスーン気候です。

ベトナムでの生活:外国人駐在者とキャリアのチャンス

ベトナムに住む外国人の仕事のチャンスは稀ですが、適切な仕事を確保するのは不可能ではありません。非営利の国際開発作業に関連する分野では、チャンスが増えています。

CareerLink.VNなどのWebサイトには、日本語を生かした仕事が掲載されています。ただし、これらの分野での仕事は、一般的には経験者に限られています。

NGOの仕事に加えて、コンピューター関連のスキルも求められており、又、地域全体で教員の仕事があります。

すべての外国人がベトナム生活で知っておくべき重要な事実

・現在、ベトナムでは3つの通貨が使用されています。金は土地と住宅の購入に使用され、米ドルは高級品に使用され、ベトナムドンは日常品に使用されています。

・現時点では、非ベトナム人に土地の所有権はありませんが、土地の50年のリースを取得し、そこに家を建てることができます。

・外国人は現在、ベトナムの運転免許証なしで車を借りたり運転したりすることはできません。バイクは使用できます。

・一部の国の国民は、ベトナムへの入国ビザが許可されていません。

ベトナムでの生活:シティガイド

日系飲食店には現在、ハノイでの生活に役立つシティガイドがあります。この包括的なガイドには、ベトナムの都市への移住について知っておくべき全てが含まれています。

・最小限のストレスで効率的かつ効果的に移動します。

・新しい生活にすばやく簡単に慣れ、必要なときに必要なヘルプや支援を見つけます。

・あなたのライフスタイルと予算に合った住むエリアを特定します。

・志を同じくする人々と出会うのに適切な場所を見つけます。

・あなたの子供と学習ニーズに適した学校を見つけます。

・家族が海外での経験を最大限に活用できるようにします。

・事前に新しい文化に備え、戸惑いを避けます。

・課題に対処します。