ホーチミン市で外国人(日本人以外)が仕事を見つける

ホーチミン市で外国人(日本人以外)が仕事を見つける

ホーチミン市で外国人が仕事を見つけるのと、母国で仕事を見つけるのとでは、まったく異なります。あなたが外国人として初めてベトナムで仕事を探す、又は、本格的な専門職を探す経験豊富な外国人でも、おそらく以下の概要が役立つでしょう。

英語を教える

ベトナムの外国人が選ぶ最も一般的な職種は、英語教師です。ESLとも呼ばれます。ベトナムは他のアジア諸国と比較するととても近代的であり、世界のエコシステムにどう適合するかが、世界的に考えられているのです。西洋の理想はしばしば台座に置かれ(時には賢明ではありません)、国には「先進国」から輸出された概念を受け入れたがる若い世代がいます。このため、英語教師、特にネイティブスピーカーは高い需要があります。

ただし、英語を母国語としない人でも、外国人であれば、ESLの仕事を得るのにさほど苦労はありません。言い換えれば、外国人であることで仕事を得るのに時間がかかってしまうと、おそらく残念なことに、一部の外国人はその事実を利用して、ふさわしくない仕事に就いてしまいます。もちろんサイゴンには、仕事を愛し、生徒を愛し、生活費を稼ぐのに誠実に働く英語教師がたくさんいます。しかしその「異質性」に基づいて、横道にそれる偶発者もいるのです。

ESLの教職のもう1つの問題は、昇給が制限されていることです。前述のように、賃金は悪くありませんが、通常は英語センターでプロモーションはありません。ただし、ESLの教職には大きな利点が1つあります。それは旅行が許可されるということです。英語スキルは世界中でほぼ必要とされているため、教えるのが上手(または単に自分で少しだけ話せる)であれば、どこへ行っても働くことができます。

教職以外の英語の仕事

外国人に可能な2番目の職種は、教職でない英語の仕事です。たとえば、大学で執筆を楽しんでいた西洋人は、例えば英語圏での執筆スキルが低くても、サイゴンで企業ブロガーやコピーライターの仕事を見つけるのに苦労しません。

こういった実用的な英語の仕事は、時々地元企業でも見つかるものの、非常に稀なうえに賃金はかなり低めです。より確実なのは、ホーチミン市に支店を持つ国際企業が提供している仕事で、より多く賃金を支払ってくれる上に、外国人にとってはより快適な職場環境となります。

「外国の感性」の仕事

3番目の職種は、「外国の感性」として特に英語スキルを求めない職種です。たとえば、デザインスタジオは、社員が理解するのにすべてをベトナム語に翻訳しなければならなくても、外国人を雇いたがる所があります。これは、それが厳密に正確であるかどうかにかかわらず、西洋人は美に対してより良い目を持っているという認識があるからです。

別の例は、品質管理の仕事です。欧米の企業やベトナムの高級市場に対応するベトナムの工場は、多くの場合、欧米の品質管理マネージャーによって製品が出荷される前にすべて確認され、充分な品質レベルを保つことを望んでいます。設計や品質管理などの職種に対するベトナム人の好みは、欧米の企業がこれらの領域に与えるより大きな価値に起因しています。

欧米の製品はよくデザインされ、技術的に完璧であると、ベトナム全土では知られていますが、ベトナム製品については同じことが言えません。そういった事を職場の期待や規制ではなく、担当者の国籍に帰するというのは視野が狭いのかもしれませんが、これらの雇用の背後にある理論的な根拠です。

実行力のいる地元の仕事

4番目の職種であり、又、4つのオプションの中で最も稀なものは「ベトナムの伝統的な仕事」です。この職種は、資格があれば外国人もベトナム人と同様に可能ですが、多少の差別はあるかもしれません。ほぼすべての伝統的な仕事では、ベトナム語を流暢に話し、はるかに低い賃金で働く地元の人々が殆どであることを理解してください。高額の賃金が支払われるのは最高レベルの職位のみで、必要に応じて翻訳者を雇うことも可能です。

この最後の仕事は確かにあります— 仕事サイトで簡単に見つけられます— しかし通常は、長年の経験(多くの場合8以上)と実証済みの実績、そして関連する教育資格が必要であり、要するに、それが優先されます。

幸いなことに、ホーチミン市に外国人が住んでいることで、多くのキャリアに柔軟性を産んでいます。都市の雇用市場に飛び込み、最初の仕事を出発点として受け入れることに躊躇しないでください。遅かれ早かれ自分の道を見つけられる可能性は高くなります。

投稿日: 12/19/2019hypervyper