ベトナムの労働許可を取得する方法

ベトナムの労働許可を取得する方法

外国人が応募できる職種と、資格を得るために満たすべき特定の条件があります。

ベトナム経済の自由化は、ビジネスを拡大しようとする人々にとって有利な条件を作り出しました。フローオン効果が、ベトナムの外国人就労者の増加をもたらします。

ベトナム政府は、特に外国人就労者を中心に、この経済発展と社会保障をより効果的に管理するための法的枠組みを改善しました。政令番号 11/2016 / ND-CPおよびガイダンス回覧番号

40/2016 / TT-LDTBXHが発行され、労働許可申請の要件が更新されました。

ベトナムで労働許可を申請する際に知っておくべきこと

外国人が労働許可を申請できるカテゴリーはいくつかあり、以下が含まれます。

・専門家

・マネージャーとエグゼクティブディレクター

・インターン

・短期契約の専門家

専門家は、関連する外国当局または組織によって専門家として認定されている必要があります。又、大学と同等以上の学位を持っている、訓練を受けた専門分野で少なくとも3年の実務経験がある、提案されたベトナムでの職務と両立する実務経験を持っている必要があります。

企業法によると、マネージャーとは、非公開会社の所有者、ゼネラルパートナー、議長または委員会のメンバー、会社の社長、議長または取締役会のメンバー、ディレクター/ゼネラルディレクター、または別の管理職を持つことができるポジションで、これは会社の憲章に従って取引に入る権利があります。

マネージャーは、代理店または組織の長または副長になることもできます。

エグゼクティブディレクターとは、あらゆる組織または企業の子会社の責任者であり、その子会社の直属の経営者です。

留学生は、ベトナムの機関、組織、または企業とインターンシップ契約を締結する必要があります。

マネージャー、エグゼクティブディレクター、専門家、または技術者として働くために30日以内でベトナムに入国する外国人を対象としたカテゴリがあります。ただし、ベトナムでの1年間の累積勤務期間は90日を超えてはなりません。

ベトナムで労働許可を申請するための要件

労働許可を申請する外国人は、刑事記録を持っていないか、ベトナムおよび外国の法律に基づいて刑事訴追の対象になってはいけません。

パスポートのコピーは、申請者の母国の当局によって認証される必要があります。外国人の使用の必要性に関する事前承認書は申請書類に記載されていませんが、ベトナムの雇用主は規制を遵守するために、これらの必要性を報告しなければいけません。

特別な状況は、以前に労働許可を与えられた個人に適用されます。入国管理部門の既存の記録を使用して、2番目または3番目の申請をサポートできることを考えると、事務処理を大幅に簡素化できます。

アプリケーションプロセス

ベトナムで労働許可を申請するには、以下を行う必要があります。

1.雇用主から、あなたの国内での地位を確認する手紙を入手してください。

2.3枚のパスポート写真を準備してください。

3.健康診断に行き、母国またはベトナムの病院から証明書を取得してください。

4.自国から犯罪歴チェックを取得してください。

5.ベトナム労働省に提出するために必要な書類と申請書をすべて準備してください。

何がうまくいかないのか?

ベトナム政府は、労働許可なし、または期限切れの状態でベトナムで働いている外国人を国外追放します。

雇用主については、許可された機関への外国人の雇用に失敗した場合、または報告が不十分な場合、500万ドンから1,000万ドンの範囲の罰金が適用されます。

雇用主が労働許可なし、期限切れの者、または労働許可免除の管轄当局による確認なしで外国人を雇用する場合、雇用主は以下のペナルティ範囲の対象となります。

・最大10人の外国人労働者に対して3,000万ドンから4,500万ドン

・11〜20人の外国人労働者に対して4,500万〜6,000万ドン

・21人以上の労働者に対して6,000万ドンから7,500万ドン。

違反が重大なものである場合、雇用主は最長3か月間操業を停止される可能性もあります。

投稿日: 01/16/2020hypervyper